★★★:レオ・ライオンズ(富山グラウジーズ #0)

三遠ネオフェニックス戦では、元NBA選手のジョシュ・チルドレスとのマッチアップだったが、サイズの優位を生かしてのポストアップ、得意のジャンプシュートで着実に得点を積み重ねていた。1戦目は18本中12本のFG成功での31点、10リバウンドのダブルダブルで、EFFも今季ベストとなる35。残り38秒には逆転の3Pシュートを決め、富山を勝利に導いた。2戦目も3P成功はなかったものの、21点、9リバウンド、2アシスト、3スティール、2ブロックショットと攻防両面でチームを牽引。前節の川崎ブレイブサンダース戦で今季最少となる8点というパフォーマンスから巻き返し、アウェイ2連勝の原動力となったことは★★★に値する。

お知らせ

バスケ見るならJ SPORTS
J SPORTSでは学生からプロまで国内外の大会を充実のラインアップでお届けします!

J SPORTSバスケットボールパック発売中!
詳しくはこちら>>

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ