レスター vs. マンチェスター・シティ

ミッドウィークのボクシングデー開催のプレミアリーグ第19節。
前節、マディソン&ヴァーディのホットラインでチェルシーを1-0で破り、公式戦5試合ぶりの勝利を挙げたレスター。
スタンフォードブリッジでは、2000年以来の18年ぶりの勝利となった。
中3日の過酷なスケジュールの中、ベンチ入りするも出場のなかった岡崎の出場が期待される。
一方のマンチェスター・シティはポゼッション、シュート数などでは圧倒したがホームでクリスタルパレス相手に2-3とまさかの敗戦。
今シーズン初の3失点でホームでの敗戦もシーズン初。
フェルナンジーニョを休ませ、ストーンズをアンカーのポジションで起用したことが裏目に出た形となった。
62分から途中出場したデブライネが今シーズンリーグ戦初ゴールを挙げたのが数少ない朗報か。
無敗で首位のリヴァプールとの差は4ポイントに広がったがこれ以上離されるわけにはいかない

マンチェスター・ユナイテッド vs. ハダースフィールド

スールシャール暫定監督の初陣(vsカーディフ)を5-1の勝利で飾ったマンチェスターU。
ユナイテッドがプレミアで5ゴールを記録したのはサー・アレックス・ファーガソンのラストゲームとなった2013年5月のウェストブロム戦(5-5)以来6シーズンぶり。
今節は、19位と降格圏に沈むハダースフィールドとの対戦。
約2か月ぶりとなる連勝なるか!?

ブライトン vs. アーセナル

今年最後のミッドウィーク開催となる今節は13位ブライトン対5位アーセナルの一戦。
アーセナルは前節 エジルが6試合ぶりのリーグ戦スタメン復帰しキャプテンを務めチームをけん引。
試合後エメリ監督は「今日のようなメストを求めているんだ」と絶賛した。
そして、オバメヤンも2ゴールを挙げリーグ戦のゴール数を12まで伸ばしランキングトップに躍り出た。
これで4位チェルシーと勝ち点37で並んだ。
トップ4争いに本格参入した今、3連敗中と負けが続いているブライトン相手に取りこぼしは避けたい

photo

J SPORTS 編集部

お知らせ

世界最高峰リーグ イングランド プレミアリーグ!

J SPORTSでは18/19シーズンも注目試合を毎節5試合お届けします。
試合中継から関連番組までJ SPORTSでお楽しみください。


»特集ページはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ