精華女子 No.7 三浦舞華選手

精華女子 No.7 三浦舞華選手

U17代表としてワールドカップを経験している三浦舞華は、序盤で3Pシュートとドライブからのジャンプシュートで幸先のいいスタートを切ったと思われた。しかし、全国大会の初戦ということと、奈良文化のゾーン・ディフェンスの攻略に苦しんだこともあり、精華女は前半で22点しか奪えない。チームとしてリズムをつかめない状態で時間が経過した影響で、三浦は2Qで1点も奪えない10分間を過ごしてしまう。奈良文化に一時10点以上のリードを許すなど、精華女は大苦戦を強いられる。

「中に入れたりショートコーナーでつなぎたいと思って準備してきたんですけど、うまくいかず、後半でゾーンオフェンスを変えて、思い切り三浦と矢野(聖華)に打ち続けろと指示を出しました。そこで迷わずにやってくれてよかったです」と大上晴司コーチが語ったように、精華女は後半になってボールと選手の動きがより活発になった。その結果、三浦も5本の3Pシュートを決めてチームを牽引し、トータルで7本の3Pシュートを決めるなど25点、11リバウンドのダブルダブルを達成。3Q終盤になんとか逆転した精華女は、粘る奈良文化を62対57で振り切って3回戦に駒を進めた。

お知らせ

Bリーグ見るならスカパー !のBリーグセット

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ