日本の高校バスケット界においては、「留学生がいるチーム」は、それだけですべてを片付けられてしまいがちだ。しかし、元々、すべてが同じ条件などということは、起こり得ない。地域が違えば、選手の数もチーム数も違う。私立と公立でも環境は違う。それぞれに、一長一短があり、長所を生かせるように努力するものだ。「ウインターカップ2018第71回全国高校バスケットボール選手権大会」に出場する男子の日体大柏高校(千葉)も、留学生で高さや強さを補いながら、他の選手が全国で戦えるように、努力を行ってきたチームだ。

マリ共和国からの留学生は、センターのケイタ シェイク ボーバカー(3年)とフォワードのダウォダ ジャキテェ(2年)。ケイタは「最初は、右も左も分からなかった」と表現力豊かな日本語を話す。好きな食べ物は「お団子」。203センチの長身とパワーを生かして、相手に脅威を与える。ジャキテェは、日本で技術や駆け引きに磨きをかけて成長中だ。チームは当初、彼らに頼りきりだった。

お知らせ

Bリーグ見るならスカパー !のBリーグセット

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ