ウォルヴァーハンプトン vs. リヴァプール

リヴァプールはシーズンを左右するナポリ、マンチェスター・ユナイテッドというビッグマッチの連戦を
内容の面でも相手を圧倒しての連勝。今シーズン一番と言っていいほど勢いに乗ってこの試合を迎える。
その勢いに水を差すべくウォルヴァーハンプトンはリヴァプールの前に立ちはだかれるか!?
第15節でチェルシーを破ってから、その後3連勝とこちらも負けず劣らず今シーズン最高の状態。
18歳のギブス=ホワイトをはじめ、ヒメネス、カヴァレイロ、コスタなど前線には速くテクニカルな選手達が揃い、その攻撃陣がかみ合い出したここ3戦は全て複数得点を挙げている。
対するリヴァプール・ディフェンスラインは引き続き怪我人多数でカツカツの状況。
CBはロヴレン、ファンダイクしかおらず、アレクサンダー=アーノルドも間に合わない見込み。
クラインの復活は光明だが、インテンシティの高い試合が続くハードスケジュール真っ只中で不安は尽きない。
一方で中盤は戦力充実。ユナイテッド戦で途中出場から2得点を挙げたシャチリをはじめ、ナビ・ケイタ、ファビーニョと新加入の選手達がフィットし、クロップ監督がどんな組み合わせでこの試合に臨むのか楽しみだ。
リヴァプールは29シーズンぶりの悲願達成へ、まずはクリスマス首位通過を狙う。

アーセナル vs. バーンリー

前節サウサンプトンに敗れ、公式戦の無敗が「22」でストップしたアーセナル。
ゲーム後、エメリ監督は、「負ける可能性は常にあったし、それが今日だっただけだ。
我々は、我々なりに成長を続けていく。」とコメント。
今節迎えるのは18位と降格圏に沈むバーンリー。
前節トッテナム戦は、枠内シュート「0」と攻撃は低調だったが、守備では昨季のような堅守を見せていただけに決して侮れない!

マンチェスター・シティ vs. クリスタルパレス

前節、エヴァートンに3-1と勝利しチェルシー戦での敗戦を払しょくしたマンチェスターC。
2ゴールを挙げたガブリエウ・ジェズスは第2節以来、およそ4カ月ぶりのゴールとなった。
ケガで離脱していたアグエロがベンチ入りし、デブライネも75分から第10節以来の出場を果たすなど年末年始の過密日程を控えるチームには朗報だろう。
デブライネは、ミッドウィークのリーグカップ準々決勝レスター戦で先制点を決め、チームの準決勝進出に貢献。
1ポイント差の首位リヴァプール追撃態勢も整いつつある。
一方、前節レスターに1-0で辛勝し、3連敗は免れたクリスタルパレス。
未だ連勝がなく15位となかなか上昇できずにいる。
しかし、8位エヴァートンまでは9ポイント差と1勝で順位が入れ替わる状況だ。
クリスタルパレスの意地に期待したいがリーグワースト2位(14ゴール)と決定力不足のパレス攻撃陣がリヴァプールに次ぐ、リーグ2位(10失点)の堅守を見せるシティの守備陣を崩すのは厳しいだろう。

photo

J SPORTS 編集部

お知らせ

世界最高峰リーグ イングランド プレミアリーグ!

J SPORTSでは18/19シーズンも注目試合を毎節5試合お届けします。
試合中継から関連番組までJ SPORTSでお楽しみください。


»特集ページはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ