日本一への挑戦が始まった

最終目標達成へ。対抗戦優勝が懸かった早稲田大学との大一番に敗れてから、明治大学はChallenger瓩鬟董璽泙坊任押⇒ゾ,悗離船礇譽鵐言鎖世魘化して立命館大学戦に臨んだ。

前半で試合を決めた。3-0で迎えた11分。WTB(ウイング)高橋汰地(政経4=常翔学園)がチャンスを広げると、SH(スクラムハーフ)福田健太主将(法4=茗溪学園)からパスを受けたPR(プロップ)安昌豪(営3=大阪朝鮮)がインゴール左にトライ。

「このトライから流れをつかんだ」(CTB/センター森勇登・政経2=東福岡)。勢いづいた明治は、相手のセットプレーの乱れに付け込み、終始敵陣でプレー。

前半14分には敵陣深くで相手が犯した反則からシンビンが出たことにより数的優位に。19分にHO(フッカー)武井日向(商3=国学院栃木)がゴール前でのFW(フォワード)戦に勝利し、トライを決める。

すると、続く27分、30分と立て続けにトライを記録し、試合を決定づけた。前半5トライ中4トライがFW。BK(バックス)のみならず、FWも攻撃面でプレッシャーを与えられたことを証明してみせた。

また「セットプレーで圧倒できていた」(安)と言うように前半のマイボールラインアウトはすべて成功。

前半6分に相手ボールをターンオーバーすると、その後も相手のペナルティーを誘う。得意のスクラムでも圧倒し、前半は36-0と大差で折り返した。

だが、後半は一転、関西の空気に飲みこまれた。後半2分、自陣ゴール前からパスを回され、簡単にトライを許すと流れが立命大へ。「簡単なミスから、自陣にくぎ付けにされてしまった」(福田健)。

立命大のパス回しを止められないまま続く11分、自陣5mライン付近でのディフェンスを強いられる。最後は肉弾戦に敗れ、2つ目の失トライ。22分にも空いてしまったスペースにゲインを許し、3連続トライを許す。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドで
ラグビー 全国大学選手権3回戦から決勝まで配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら
★大学ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ