イングランド・プレミアリーグ第17節。前節、マンチェスター・シティが敗れたことによって首位に立ったリヴァプールがホームのアンフィールドにマンチェスター・ユナイテッドを迎えて圧勝。首位の座を守るとともに、その攻撃サッカーの力を示した。

さて、リヴァプールはこの後も首位の座を走って、久しぶりのリーグ優勝のタイトルを手にできるのだろうか。

かつて、1970年代から80年代にかけて2人の名将ビル・シャンクリー(1959〜74年)とボブ・ペイズリー(1974〜83年)によって築き上げられたリヴァプール黄金期のチームは「イングランド最強」の名をほしいままにし、1972/73年シーズンから1989/90年シーズンにかけてフットボール1部で11度の優勝を飾り、ヨーロッパ・チャンピオンズカップでも4度優勝。その後、2005年にもチャンピオンズリーグで優勝している(監督はラファエル・ベニテス。そう、あの「イスタンブールの奇跡」の時である)。

だが、その名門リヴァプールも、プレミアリーグ発足後はリーグ戦のタイトルに見放され、その時代にイングランド・サッカー界に君臨し、また、プレミアリーグの国際的な人気急上昇に乗って国際的なブランドとなったマンチェスター・ユナイテッドの後塵を拝し続けたのだった。

お知らせ

世界最高峰リーグ イングランド プレミアリーグ!

J SPORTSでは18/19シーズンも注目試合を毎節5試合お届けします。
試合中継から関連番組までJ SPORTSでお楽しみください。


»特集ページはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ