試合の行方

今シーズンもロシアのペアは強い!そしてあらためてその層の厚さに驚かされた。8月のテストスケートの頃から、今季は強いジュニアのペアが多いことは分かっていたが、今年のジュニアグランプリファイナルは、アメリカのペアが棄権したこともあって、ロシア大会になってしまった。

優勝はアナスタシア・ミーシナ&アレクサンドル・ガリャモフ。2位はポリーナ・コスチュコビッチ&ドミトリー・ヤリン。3位はアポリナリヤ・パンフィーロワ&ドミトリー・リロフ。4位はクセニア・アハンテワ&ヴァレリー・コレソフ。5位はアナスタシヤ・ポルヤノワ&ドミトリー・ソポト。

彼等5組全てが、今大会に出場する。アナスタシヤ・ミーシナは、昨年のロシア選手権で、ミスの後パートナーに置いて行かれてしまったフリープログラムが未だ記憶に新しいが、ウラジスラフ・ミルゾエフとのペア解消後、ガリャモフという新パートナーを得て、火の鳥のように可愛く力強く舞い戻ってきた。旧ペアではパートナーに三歩下がってついて行っていた感があったが、新ペアでは彼女がリードする形のようで、ガリャモフとの相性も良いようだ。

5位のソポトもパートナーがポルヤノワに変わってリニューアル。強面だが気は優しくて力持ちのソポト、思わず「兄貴!」と呼びたくなる外見通り、頼り甲斐のあるナイスガイだ。 彼等のように、相手を変えても驚くべき速さで急成長を遂げることを可能にしているのは、ソ連時代から続いているペアを育成する歴史とスキル、そしてそれを受け継いでいく多くの指導者達の力だ。

お知らせ

J SPORTSでは全種目放送! J SPORTSオンデマンドでは先行LIVE配信!

常に日本とトップ争いを繰り広げてきているフィギュア大国、ロシア。 ロシア代表の座を争う今大会は、世界で一番、華麗かつ過酷な戦いが繰り広げられること間違いなし! J SPORTSでは全種目放送! J SPORTSオンデマンドでは先行LIVE配信!

詳しくはこちら
スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ