○パナソニック(昨季2位)×NTTコミュニケーションズ(昨季9位)
○2018年度トップリーグ5・6位決定戦(12月15日、神奈川・ニッパツ三ツ沢球技場)
○両軍6トライずつの乱打戦の末、後半ロスタイムに劇的決着。

観客は冬晴れの下、寒さと緊張がないまぜになった震えを経験したかもしれない。

NTTコムのリードで迎えた、後半ロスタイム。会場は静まり返り、誰もがパナソニックのキッカーを見つめていた。

優勝4回を誇るパナソニックだが、今季絶好調とは言えなかった。リーグ戦は6勝1敗で、ホワイトカンファレンスを2位通過。

12月のトーナメント1回戦ではトヨタ自動車に敗れてしまい、前身の三洋電機時代を含めて12シーズンぶりに4強を逃した。

迎えた2回戦の相手はリコー。10月のリーグ戦で今季初黒星を喫し、地元・太田(群馬)での公式戦30戦無敗という記録を破られた。

しかしここは35−26で雪辱を果たし、NTTコムとの5・6位決定戦へ。それでもここで負ければ、2003、4年度の7位に次ぐ、チーム歴代ワースト2位の6位になる状況となった。

しかしFL布巻峻介キャプテンは、チームの準備について「トヨタ自動車に負けてから、モチベーションが難しいなか、みんなとても良い準備をしてくれました」と仲間を誇った。

一方のNTTコムは、パナソニックに勝利すればチーム過去最高位だった2016年度の5位に並ぶことに。

FL金正奎キャプテンは、2012年度から6シーズン勝ち星のないパナソニックに対し、チームとして戦うことを意識していたと語った。

「パナソニックさんは個々のタレントが揃っています。その選手を好き勝手させると良くないので、とにかく連係しながら強い個々を止め、アタックでは組織としてトライを取りにいくことを意識しました」

その27歳のFL金キャプテンは、早大の一学年後輩であるパナソニックのFL布巻キャプテンと、スクラム側面で対峙した。

お知らせ

\全試合!/
ジャパンラグビー トップリーグ
J SPORTSオンデマンドでは全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★トップリーグ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ