深紅のジャージが2003年以来の歓喜に沸いた。

12月15日(土)、東京・秩父宮ラグビー場で第56回日本選手権を兼ねたトップリーグ総合順位決定トーナメント決勝が行われた。

今シーズン無敗の神戸製鋼コベルコスティーラーズが3連覇を狙ったサントリーサンゴリアスを55-5で圧倒し、トップリーグでは15年ぶり2度目の栄冠に輝いた。

また、日本選手権では18シーズンぶり10度目の優勝となり、最多優勝記録を更新した。

1万7000人以上の観客が見守る中、神戸製鋼、SO(スタンドオフ)ダン・カーターのキックオフで試合開始。

神戸製鋼WTBフレイザーとFLハッティング

今シーズン好調の神戸製鋼は、前半3分、ターンオーバーから攻撃を継続し、SH(スクラムハーフ)日和佐篤、SOカーターからWTB(ウィング)アンダーソン フレイザーとつないで右中間にトライ。SOカーターがゴールも決めて7-0。

さらに神戸製鋼はスクラムからアタックを継続し、NO8(ナンバーエイト)中島イシレリがブレイクし、オフロードパスを受けたWTBフレイザーが再びトライ、12-0とリードを広げる。

サントリーも負けじと18分、ターンオーバーからWTB尾崎晟也が右タッチライン際を快走。インゴールに飛び込んで5点を返し、12-5とする。

ゴールを決める神戸製鋼SOカーター

だが、その後もディフェンスで相手にプレッシャーをかけ続けた神戸製鋼ペースのまま試合は進む。

32分にSOカーターがPG(ペナルティゴール)を決め、3点を追加すると、前半終了間際の37分、ビッグプレーが出る。

サントリーFB松島幸太朗のキックを、今シーズン、コカ・コーラから加入した神戸製鋼のHO有田隆平がチャージし、そのままトライ。SOカーターのゴールも決まり、22-5として前半を折り返した。

サントリー松島、トライに絡めなかった

チャージされたサントリーFB松島は「外から裏に転がすオプションを言われて、そこはロングに蹴ろうとして詰められた。選択オプションが悪かった」と肩を落とした。

一方、神戸製鋼のHO有田は「運がよかっただけ。チームでいいプレッシャーをかけていたから取れたトライ」と胸を張った。

お知らせ

\全試合!/
ジャパンラグビー トップリーグ
J SPORTSオンデマンドでは全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★トップリーグ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ