アスレチックスの新球場プランに対して、「夢を語るのはもういい、実行してくれ」と述べたばかりだが、一足先の7月に発表されたレイズの新球場プランは早くも「絵に描いた餅」となった。プラン自体は魅力的だったが、結局資金調達が具体化しなかったのだ。

「ストライク・ツー」の新球場問題

レイズはチームがポストシーズンに進出していた時期も含め、慢性的な観客の不入りに悩まされている。その原因の一つが、人工芝で密閉式ドームの本拠地トロピカーナ・フィールドの魅力のなさだと言われている。

その本拠地のセントピーターズバーグ市との使用契約は2027年まで残っているが、3年前にレイズは2018年12月31日を期限とする新球場用地を探索する許可を同市より得た。それまでに新球場プランを固めることができれば、それがタンパベイエリア地域内であるなら現球場のリース契約をキャンセルできるというものだ。

お知らせ

\J SPORTSオンデマンドで!/
ガンバレ日本プロ野球!? リターンズ 18/19を先行配信! NPBプロ野球12球団ジュニアトーナメントも先行LIVE配信!


●野球パック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。

≫詳しくはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ