ドミトリー・アリエフ選手

ドミトリー・アリエフ選手

「ディーマ」の愛称で日本でも愛されるドミトリー・アリエフにも大注目だ。素朴で明るい、未だ幼さの残る19歳だが、平昌五輪後もスター病になることもなく、第二の父と慕うエフゲニー・ルカヴィツィンコーチとのお互いに支え合う信頼関係もバッチリ、今季は未だ本領は発揮出来ていないが、実力は折り紙つき。奮起を期待したい。 他にも、今回のロシア国内選手権は注目選手が目白押しだ。

昨年2位の、粘り強い努力家のアレクサンドル・サマリン。今季のジュニアグランプリファイナルで銀メダルを獲得し大きな飛躍を見せたピョートル・グメンニク。ミーシンコーチの門下生で正統派の美しい氷上のバレエダンサー、アンドレイ・ラズキン。同じく氷上の暴れん坊将軍、昨年5位のアルトゥール・ドミトリエフ、その他も魅力的な精鋭たちがひしめき合う。 世界最高峰に君臨するロシア女子軍団に比べるとどうしても陰が薄い男子だが、ここは面目一新して、男の意地を見せたいところだ。

アレクサンドル・サマリン選手

アレクサンドル・サマリン選手

コリヤダ、ヴォロノフ、アリエフ等の表彰台争いが予想されるが、他にも個性では女子に優るロシアの男達が、極寒の都市サランスクで熱い闘いを繰り広げる。試合は生もの、サプライズも大いに予想される。4回転アクセルに挑戦する選手が出て来るかにも注目したい。

ご存知の方も多いと思うが、応援する際にそれぞれの「推し」の選手、またすべての選手に是非この一言をお願いしたい「Давай !(がんばれ!)」!

photo

セルゲイ・ヴォルコフスキー
1967年ロシア生まれ。モスクワ大学日本語学科を卒業。
日本人と結婚し、ソ連崩壊を機に日本に移住。フリーランスの通訳・ジャーナリストとして活動。日本文化への関心が高じ、ロシア語で俳句を紹介するブログも執筆。ソチ五輪を始めとするフィギュアスケートの国際大会で、記者・通訳としても活躍している。

お知らせ

J SPORTSでは全種目放送! J SPORTSオンデマンドでは先行LIVE配信!

常に日本とトップ争いを繰り広げてきているフィギュア大国、ロシア。 ロシア代表の座を争う今大会は、世界で一番、華麗かつ過酷な戦いが繰り広げられること間違いなし! J SPORTSでは全種目放送! J SPORTSオンデマンドでは先行LIVE配信!

詳しくはこちら
スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ