さらに、先代モデルではピットでのマシン乗り換えが名物でしたが、新導入の「Gen2」ではバッテリーからモーターへの供給可能エネルギー量が大幅に向上し、乗り換えがなくなります。レースフォーマットは「45分+1周」というスプリントレースになることから、速さとドライバー&チームによるエネルギーマネージメント能力がさらに要求されることに。最もエネルギー量が少ない状態で走ったドライバー(決勝上位10台中)にボーナスポイントが加えられることにもなり、ファステストラップのボーナスポイントは廃止されました。

さらに「マリオカートモード」とも呼ばれる「アタックモード」が登場。出力が一定期間25kw向上するシステムで、このモードがレースにどう影響するかは蓋を開けてからのお楽しみという新シーズンならではの要素も楽しみです。

そして、今季はドライバーラインナップも大幅に豪華ラインナップとなりました。というのも近年の傾向として電気自動車に注力する自動車メーカーが「Gen2」導入のシーズン5から力を入れてプロモーションを行い、ワークス参戦あるいはその準備を進めているからです。これまで「アウディ」「ジャガー」がワークス参戦してきましたが、今季からは「BMW」がワークス参戦。そして、「メルセデス」はワークスは名乗っていないもののHWAという実質的なワークスチームの形態で参戦。そして、「ルノー」からバッジを変えるような形で日本から「ニッサン」が参戦します。

自動車メーカーの積極的な関与と新型マシンによるペースアップから、当然求められるのはモータースポーツのトップカテゴリーで実績を残してきた実力派ドライバーの実力です。資金力だけでレースを続けてきたF1予備軍的なドライバーや闘争心を失ったベテランには出る幕がないと言った状況になってきています。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ