電気自動車の「FIAフォーミュラE選手権」はいよいよ新世代マシン「Gen2」を使用するシーズン5(2018年〜19年)が始まります。開幕戦の舞台は初開催の中東サウジアラビア。年をまたいで2019年の7月まで全13戦で開催されます。サウジアラビアでの新時代オープニングレースは現地時間の12月15日(土)に予選、決勝レースが開催。「J SPORTS」では今年も生放送中心にお送りします。

さて、話題豊富な「フォーミュラE」の新シーズン。何からお話ししましょうかというところですが、やはり今季から新世代のマシン「Gen2(ジェンツー)」に車体が変更され、ペースやラップタイムが向上し、レースフォーマットも変更されることが今シーズンの大きな変更点と言えるので、まずはここから行きましょう。

新世代マシン「Gen2」はシーズン4まで使用されていた第一世代のマシンに比べて、より近未来的なイメージを抱かせるデザインになっています。「フォーミュラE」では全車が新世代の「Gen2」を使用するワンメイクシャシーのレースになっています。安全性を考慮してタイヤを覆うカウルが装着され、先代車に比べてドラッグ(空気抵抗)は大きくなった印象ですが、最高出力は予選時に200kwから250kwにパワーアップし、最高速度もこれまでの時速225kmから280kmへと大幅アップ。10月に行われたバレンシア(常設サーキット)でのテスト走行ではラップタイムが先代モデルよりも4秒ほど速くなっています。

これまではスリムで軽く、どちらかと言うと入門フォーミュラカーチックなマシンだったせいか、どうしても映像的にはラジコンっぽさが否めませんでしたが、ダウンフォースも向上し、駆動系などが洗練されたニューマシンの登場は「フォーミュラE」のレベルを一段も二段も上昇させることになるでしょう。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ