「我々は完ぺきに機能するデス・スターなんですよ」
―ブライアン・キャッシュマン(ヤンキースGM)

ヤンキースはいつの頃からか、映画「スターウォーズ」の悪者「Galactic Empire」に準えて「帝国」と呼ばれるようになった。

チームを所有する先代ジョージ・スタインブレナーは生前、殿堂入り選手のレジー・ジャクソンを筆頭に有力なフリーエージェント(FA)選手を大金を叩いてかき集め、チームの競争力を上げ、そして維持した。

彼は活躍した選手を寵愛する代わりに、活躍できなかった選手に対しては公然と選手に対する罵詈雑言を吐き、「Darth Vader=ダース・ベイダー」のような「恐怖政治」にも似たイメージを米国の野球ファンの間に流布した。

編成トップにいるキャッシュマンGMもその片棒を担いでいるのだが、つい先日までラスベガスで行われていたウインターミーティングで、彼自身が冒頭のような「スターウォーズ」を連想させるコメントを残したことは珍しい。

お知らせ

\J SPORTSオンデマンドで!/
ガンバレ日本プロ野球!? リターンズ 18/19を先行配信! NPBプロ野球12球団ジュニアトーナメントも先行LIVE配信!


●野球パック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。

≫詳しくはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ