ファイナルゲーム突入は、避けたかったのだ、両ペアは、9月に日本で行われたBWFワールドツアー750のダイハツヨネックスジャパンオープンで対戦。盒供⊂祥Я箸第1ゲームを21-12で制したが、強烈な巻き返しを受けて、第2ゲームを25-27、ファイナルゲームを11-21で取られて敗れた。2人にとっては、地元のファンの前で試合を見せられる機会だったが、まさかの初戦敗退(1回戦はシードで、2回戦で対戦)という悔しさを味わった。

悪夢の再来は、ごめんだ。盒兇蓮屮侫.ぅ淵襪帽圓辰燭蕁帖弔函△匹Δ靴討皀献礇僖鵐ープンのことを思い出してしまうので、きっちり取れるところは、2-0で勝てて良かった」と安堵の表情を見せた。強敵を相手に連勝を飾り、準決勝へ大きく前進した。夏の世界選手権は、準々決勝で敗退したが、世界の強豪が揃う舞台で、まだまだ世界のトップランカーであることを再証明するチャンスだ。前日に咳が止まらず、取材対応を回避した松友も、プレーは2日間ともに切れ味十分。「昨日は、すいませんでした。咳だけ。元気なんですけど。試合に入っている方が楽です」と報道陣に笑顔を見せた。2014年(当時の大会名は、BWFスーパーシリーズ・ファイナルズ)以来、4年ぶり2度目の優勝へ。リオデジャネイロ五輪の女王が、力強く前進した。

photo

平野 貴也
1979年生まれ。東京都出身。
スポーツ総合サイト「スポーツナビ」の編集・記者を経て、2009年に独立。サッカーをメーンに各競技を取材している。取材現場でよく雨が降ることは内緒。

お知らせ

◆J SPORTSオンデマンド
「バドミントンパック」ではバドミントン ワールドツアー ファイナル 2018を配信!

日本代表出場試合を中心にグループ〜決勝まで40試合以上配信!
バドミントン S/Jリーグ 2018も配信!

■バドミントンパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ