全米大学体育協会(NCAA)、ゴンザカ大学の八村塁選手の目覚ましい活躍はバスケットボールファンを喜ばせている。昨季までジョージ・ワシントン大学に所属し、メンフィス・グリズリーズと2way契約を結んで奮闘中の渡邊雄太と共に、日本バスケットボール界の未来を担う存在だ。

近年、若手有望選手が海外に留学をするケースが目立つが、国内の大学バスケットボール界にもバスケット界の未来を担う選手は数多く存在する。その中の筆頭が、関東大学リーグでも最優秀選手賞を受賞した東海大学#25の平岩玄だ。

身長200cm ・体重105kgを恵まれた体躯を活かして主戦場であるインサイドでの仕事を着実にこなしつつ、ポジションの枠に収まらない万能性が特徴。攻守ともにポジションレス化が進む現代バスケットボールにも合致する素晴らしいバスケットボールスキルの持ち主だ。

オフェンスでは、ポストプレーや、ピック&ロールでのスクリナーの役割に収まらず、3ポイントシュート、ドライブインと、確かな基礎技術の高さが可能にする幅広いプレーが魅力。

お知らせ

Bリーグ見るならスカパー !のBリーグセット

バスケットボールパック発売中

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ