福田は決して、ホームランに消極的になっている訳ではない。

今年ドラゴンズを退団した土井正博打撃コーチはこう語っていた。「飛ばし屋ってのはね、天性のツボをもっているんです。そのツボに入れば見事な打球が飛ぶ。福田にはそれがあるね。だけど狭い」。

「相手投手もそれは分かっているから、何とかタイミングをずらして工夫するわね。そのツボに入れる範囲を広げていかないといけない。それが打者の引き出しってやつかな」。

ホームランを狙って打つにはリスクもある。そのリスクを山川のようにパワーで補えるほどではない。パワー以外で補っていく事が、福田の今後の課題だろう。

福田は「打ち方を大きく変えるつもりはないんですが、僕の場合はボールを捉える前、タイミングの取り方にもう少し工夫が必要かなと思っています」。

「僕はタイミングをとるのが下手なんで。土井さんのいうツボ。自分の間に入れ込むタイミングの取り方を何とかこのオフ、手に入れたいです」。

さらにチーム事情も踏まえ福田は、「根尾君が入ってくる事もありますが、内野の競争を考えても自分の強みは何か。打つことだと思うんです」。

「率ももちろんですが、競争相手に無くて自分にある物は長打力。大きいのが打てるってのは、僕の武器かなと思います」。

「自分では打撃フォームがちょっとダサいって思っているんですよ。でも子供たちが結構真似してくれているみたいなんで。それも特徴かなと思っています」。

「ホームランをもっと打てばもっと真似してくれると思うから。来年はもっともっと打ちたいです」。

ツボにはいった福田の打球は見る者を魅了する。打席に立てば、子供たちはいつだってホームランを期待する。その期待から来シーズンも福田永将は逃げずに立ち向かう。

photo

森 貴俊
1976年愛知県出身。東海ラジオ放送スポーツアナウンサー。ドラゴンズ戦中心のガッツナイターをはじめJリーグ、マラソン等スポーツ実況を担当。原点回帰を胸に、再び強き竜の到来を熱望する40歳。日々体力の衰えを感じるがドラゴンズへの喜怒哀楽は衰え知らず。今年もマイクの前で本気で泣いて怒って笑います!

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ