和製スラッガー。ホームランバッター。長距離打者をこの言葉でくくると実に分かりやすい。

ドラゴンズでは福田永将がそれになる。“天性”といっていい。幼い頃から培った感覚。ボールを遠くに飛ばすポイントを持っている。

そんな福田が今シーズン、飛ばし屋として自信を失いそうになった人物がいる。西武ライオンズの山川穂高だ。

2018シーズンは47ホームラン。本塁打王に輝いた。開幕前の西武ライオンズとのオープン戦、山川の練習を注目していた福田は愕然とした。

「フリーバッティングでスタンドに全部放り込むんです。結果、全て入りました、ではないんです。全部入れるつもりで打っている。少々崩れても強引でも、とにかくスタンドに入れるっていう打ち方をしている。あれには本気で驚きましたね」。

和製大砲とは何なのか。自信を失いかけたが、冷静に1つ1つ福田なりに分析していた。そして山川と自分の3つの違いを挙げた。

「僕との一番の違いは、パワーです。はっきり言って段違いですよ。少々こすっても、体勢が崩れてもスタンドまで運んでしまう力がある。もう1つは打ち方が違います」。

「山川は身体の中心から前で打てる。力があるからそれに合うバッティングだと思うんです。僕の打撃はテイクバックから来たボールを迎え撃つ。最後は恐らく考え方が違いますね」。

「以前、山川はホームランにできるボールは、全てホームランにするって話していました。その考えは僕にはない。ないというか、できないです」。

「場面によってはホームランを頭から捨てる場面も多々あります。ここは単打でいいと。結果ホームランにできたかなって思う時も少しはありますが、それを言い出したらキリがないと思いますし」。

福田はホームランを主軸に打撃を作ってはいない。では福田にとってホームランとは何なのか。「和製大砲と呼ばれる事は好きです。そこにカテゴライズされる事を嫌とは思いません」。

「現状、その数字がついてきていないのは僕の実力不足だと思っています。もっと打ちたいですよ」。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ