★★★:ケネディ・ミークス(シーホース三河 #3)

アイザック・バッツに続き、天皇杯でジェームズ・サザランドも故障に見舞われた三河。しかし、ライジングゼファーフクオカとの2連戦では、今季途中から加入したミークスが見事にステップアップ。2017年にNCAAトーナメントを制覇したノースカロライナ大の主力だった実力を発揮し、1戦目で17点、15リバウンド、7アシスト。2戦目も16点、12リバウンド、3アシスト、4スティールと、攻防両面ですばらしい仕事をし、三河のホーム2連勝に大きく貢献した。サザランドが復帰すれば、グラント・ジェレットと出場登録を分け合うことが濃厚も、チャンスを与えられればしっかり仕事をできることは、フクオカ戦で十分証明していた。

お知らせ

バスケ見るならJ SPORTS
J SPORTSでは学生からプロまで国内外の大会を充実のラインアップでお届けします!

J SPORTSバスケットボールパック発売中!
詳しくはこちら>>

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ