トップリーグ 2018-2019総合順位決定トーナメントは、ベスト4が出そろった。神戸製鋼コベルコスティーラーズ、サントリーサンゴリアス、トヨタ自動車ヴェルブリッツ、ヤマハ発動機ジュビロである。この4チームによる戦いは「第56回日本ラグビーフットボール選手権大会」を兼ねる。12月8日、大阪と東京で時間をずらして行われる2試合は、いずれも勝敗の予想が難しい好カードになった。

ダン・カーター

ダン・カーター

午後2時、東大阪市花園ラグビー場で行われるのは、神戸製鋼対トヨタ自動車だ。神戸製鋼は2回戦でリコーブラックラムズから8トライを奪う攻撃力の高さを披露。SH日和佐篤、SOダン・カーターのハーフ団は的確な判断と正確なスキルでボールを動かし、フィールドのどこからでも攻める今季のスタイルを司る。突破力抜群のリチャード・バックマンが、山中亮平の負傷によってFBに入るのも注目ポイントだ。リコー戦ではアダム・アシュリークーパーとのCTBコンビでディフェンスを翻弄したバックマンは、BKならどこでもこなせる万能プレーヤー。最後尾でどんなプレーを見せてくれるのか。

姫野和樹

姫野和樹

対するトヨタ自動車は常勝軍団パナソニック ワイルドナイツを破っての準決勝進出。NO8姫野和樹キャプテン、LOジェイソン・ジェンキンスを筆頭にフィジカルなプレーは最大の強みだ。CTBクリントン・スワートは突破力が魅力だが、正確で飛距離の出るプレースキックでもチームの得点力を高めている。先発に9名が名を連ねる海外出身選手はいずれもレベルが高い。「外国人選手に常日頃から伝えていることがあります。やみくもにプレーするのではなく、チームに付加価値を与えてくれる働きを望んでいると」とジェイク・ホワイト監督。献身的なプレーで神戸製鋼にプレッシャーをかける。

世界の強豪国にたとえれば、ニュージーランドスタイルの神戸製鋼と南アフリカスタイルのトヨタ自動車の戦いだ。スペースを巧みにつく神戸製鋼か、フィジカルの強みを押し出すトヨタ自動車か。ラグビーの醍醐味を存分に楽しめる戦いになるだろう。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドで
ラグビー 全国大学選手権3回戦から決勝まで配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★大学ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ