2018年の大学バスケットボールも、全日本大学バスケットボール選手権大会を残すのみとなった。大本命は不在の今シーズンだが、優勝候補筆頭チームとしては東海大学を挙げたい。B.LEAGUE FINALのMVPに輝いた田中大貴(アルバルク東京)らを擁して2連覇を成し遂げたのは2013年。以降も3年連続で決勝戦に進出するも、馬場雄大(アルバルク東京)を擁する筑波大学に屈して準優勝。3連覇の全てで対戦チームとして涙を呑んだ。また、昨年は準々決勝で白鴎大学と大熱戦の末に敗戦、6年ぶりに決勝進出を逃した形となった。

悔しいシーズンを経て迎えた今季。春先のシーズンこそ苦戦するも、秋のリーグ戦では混戦を抜け出して優勝。身体を張ったプレーで牽引する最上級生の#10鶴田 美勇士、リーグ戦で最優秀選手賞を受賞した#25平岩玄、#22笹倉怜寿らの上級生と、#11大倉颯太、#86八村阿蓮ら下級生が見事なプレーを見せた。大きな注目と共に加わった新入生らが日を追うごとに存在感を増し、融合を見せながらの勝利を重ねていく姿は大きな可能性を感じさせると共に、シーズン終盤に向けて大きな価値がある。春のトーナメントを制した筑波大学、秋のリーグ戦で1勝差であった大東文化大学を抑え、東海大学が優勝候補に挙げられるのは、そこに至るプロセスと、伸びしろにある。

お知らせ

Bリーグ見るならスカパー !のBリーグセット

バスケットボールパック発売中

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ