「100周年の年に1つ歴史が刻めてよかった」。相良南海夫監督(平4政経卒=東京・早大学院)は、そう喜びを口にした。

早稲田大学にとっては、節目の年の関東大学対抗戦もこの日が最終戦。5勝1敗で並ぶ早大と明治大学が、互いに優勝を懸けて文字通り激突した。

驚異的なスクラムの強さを誇る明大に対して、規律面を徹底して相手ボールスクラムを組ませないよう立ち回った早大。

ここ数試合の課題であった入りの悪さも克服し、先制トライを挙げると、粘りのディフェンスで明大を寄せ付けず。終始先行したまま、31-27でノーサイドを迎え、帝京大学と同率で対抗戦優勝を決めた。

試合は開始直後から動いた。帝京大戦では入りに苦しみ、苦杯をなめた早大。しかしこの日はそれを全く感じさせなかった。

前半2分に右ゴール前でのラインアウトを成功させ、そのまま左に展開するとFB(フルバック)河瀬諒介(スポ1=大阪・東海大仰星)がインゴールに飛び込む。

理想形である敵陣深くでのラインアウトから先制トライを挙げ、チームに勢いを付けた。その後早大は1本、明大は2本のPG(ペナルティゴール)をそれぞれ決めて、10-6の場面。

カウンターからトライを演出する岸岡

前半30分、SO(スタンドオフ)岸岡智樹(教3=大阪・東海大仰星)がカウンターを仕掛けて、ステップで明大ディフェンスを突破すると、大外でサポートに付いていたNO8(ナンバーエイト)丸尾崇真(文構2=東京・早実)が合わせそのままトライ。

試合の主導権を握ったように見えた。しかし、早大はここから明大FW(フォワード)陣、別名『重戦車』の脅威を味わうことになる。

34分、ラインアウトでペナルティを取られると、明大ボールのファーストスクラムが組まれる。

「(明大は)ボールを入れてからの第二波が強かった」とLO(ロック)下川甲嗣(スポ2=福岡・修猷館)。練度の高いスクラムで押し込まれ、攻撃の起点をつくられてしまう。

そのままトライを許すと、その直後にも自陣で明大ボールのスクラムを組まれピンチに。それでも何とかターンオーバーし、17-13で試合を折り返した。

お知らせ

【大学ラグビー】
\全試合!/
J SPORTSオンデマンドでは、大学ラグビー
関東大学対抗戦、関東大学リーグ戦、関西大学リーグを全試合配信!
●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら
★大学ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ