サンウルブズ 2019シーズンチーム発表記者会見

ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ 2019シーズンチーム発表記者会見が行われた

スーパーラグビーに参戦する日本唯一のプロチーム、サンウルブズの4年目のシーズンが始まる。スーパーラグビー2019は昨年と同じくニュージーランド(NZ)カンファレンス、オーストラリア(AUS)カンファレンス、南アフリカ(SA)カンファレンスに5チームずつが分かれて、15チームで行われる。ただし、9月20日に開幕するラグビーワールドカップ(RWC)2019日本大会の準備のため、決勝戦は例年より1カ月早い7月6日を予定。これまで6月は国代表活動期間として休止になっていたが、休まず一気にプレーオフを行う。サンウルブズの開幕戦は2019年2月16日、シンガポールにてSAカンファレンスのシャークスと対戦する。

トニー・ブラウン

新ヘッドコーチに就任したトニー・ブラウン

サンウルブズはAUSカンファレンスに所属し、他4チームとホーム&アウェイで8試合、NZ、SAの各4チームと1試合ずつの計16試合を行う。目標はもちろん初のプレーオフ進出だ。新ヘッドコーチに就任したのは日本代表のアシスタントコーチでもあるトニー・ブラウン。深いゲーム理解をもとに日本代表の攻撃戦術を創造する敏腕コーチは「オーストラリアのチームに勝つ実力はあると思っています」と自信を見せる。

新シーズンのサンウルブズは、昨季の主力として大活躍だったLOグラント・ハッティング、SOヘイデン・パーカー、CTBマイケル・リトルらに加え、NZのハイランダーズの主力だったFLダン・プライアー、元オールブラックスのWTBレネ・レンジャーら期待の新戦力が加入した。戦力アップは確実だが、ブラウンヘッドコーチは「日本代表との連携が大切」と話し、「プレースタイルは100%ジャパニーズスタイル。スキルとスピードを生かすアンストラクチャーのラグビーです。すべては2019年のRWCにつながっています」と言い切った。

お知らせ

\全試合!/
ジャパンラグビー トップリーグ
J SPORTSオンデマンドでは全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★トップリーグ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ