今年のトップリーグは10月までにリーグ戦7試合が終わり、11月は日本代表などのテストマッチが行われるウィンドウマンスやカップ戦を挟んで、12月に総合順位決定トーナメントが始まった。

12月1日(土)、東京・秩父宮ラグビー場では優勝を賭けた上位トーナメント1回戦が行われ、レッドカンファレンス2位で3連覇を目指すサントリーサンゴリアスと、ホワイトカンファレンス3位のクボタスピアーズの一戦が行われた。

先週、日本代表初キャップのCTB梶村

負けたら優勝がなくなる大一番とういことで、1万1770人の観衆が集まった。

サントリーはSH(スクラムハーフ)流大キャプテンを始め、先週、ロシア代表戦で日本代表初キャップを獲得したCTB(センター)梶村祐介と、欧州遠征に参加していた2人が先発。

HO(フッカー)堀越康介、FL(フランカー)西川征克、NO8(ナンバーエイト)ツイ ヘンドリック、CTB中村亮土といった日本代表勢もリザーブに入った。

9月末以来の試合となったサントリーFB松島

また、左脚の負傷で日本代表に不参加だったFB(フルバック)松島幸太朗も復帰し、さらにNO8(ナンバーエイト)ショーン・マクマーン、SO(スタンドオフ)マット・ギタウとワラビーズ経験者もスターターに名を連ねた。

対するクボタは、11月の日本代表のメンバーに入らなかったが、実績十分のキャプテン立川理道がCTBに。

現役南ア代表、NO8フェルミューレン

現役南アフリカ代表のNO8ドゥェイン・フェルミューレン、そしてFLピーター・ラピース・ラブスカフニとFBゲラード・ファンデンヒーファーと、来年もサンウルブズの一員として戦う2人などが先発した。

14時、クボタのキックオフで始まった試合は、前半10分を過ぎた頃からサントリーのペースとなる。

14分、サントリーは敵陣左ゴール前スクラムからNO8マクマーンが突破し、右に展開。

サントリーWTB中鶴

FB松島から右隅でパスを受けたWTB(ウィング)中鶴隆彰はタックルされたものの、松島が押しこんでトライ。SOギタウのコンバージョンは失敗したが、サントリーが5-0と先制する。

さらに、18分サントリーは敵陣左奥でクボタのFBファンデンヒーファーの蹴ったボールをCTB梶村がチャージし、そのままトライ。

「(ファンデンヒーファーが)13番に入ったら僕がプレッシャーをかける予定でした」と若きCTBは胸を張った。SOギタウのゴールも決まり、12-0。23分にもSOギタウのPG(ペナルティゴール)で3点を加え、15-0とした。

ディフェンディングチャンピオンの勢いは止まらず、23分、敵陣右10mライン手前ラインアウトから左に展開。

SOギタウの突破で相手ゴール前に迫り、ラックから近場を攻め、最後はNO8マクマーンが相手のタックルを弾き飛ばし、ゲインし左中間にトライ。SOギタウのゴールも成功してサントリーが22-0と大きくリードを広げた。

お知らせ

\全試合!/
ジャパンラグビー トップリーグ
J SPORTSオンデマンドでは全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★トップリーグ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ