フィギュアスケートファンの“もっと選手の素顔を知りたい!”という熱い想いに応えるべくスタートした、「フィギュアスケーターのオアシス♪ KENJIの部屋」2018/2019シーズン!日本選手はもちろん、海外選手のプログラムも多数手掛ける振付師・宮本賢二さん(KENJI)が、ゲストを迎えて、楽しく、真剣にトークを繰り広げます!

今回のゲストは、2017年全日本選手権2位、2018年四大陸選手権10位、グランプリシリーズNHK杯8位、グランプリシリーズロステレコム杯8位の、アイスダンス 小松原美里&ティム・コレト選手が登場!

リズムダンス「タンゴロマンチカ」

小松原:タンゴというのが基点にあって、タンゴと何かを選べるんですけど、私たちはタンゴオンリーで「タンゴ」の世界観をわかりやすく出そうと思って。強く。

——そのタンゴの見せどころは?

小松原:「タンゴロマンチカ」というパターンダンスがあるんですけど、やってみて、めっちゃ難しいです(笑)。

——なんかその、タンゴの決めのポーズとかないの?俺は結構、タンゴロマンチカの、ヘリコプターの後の…

小松原:ここ?わかる〜!

——そこ!でも俺は、しゃがんだ後の立つところが好き

小松原:私も好きです。

コレト:こっちでこう…。

小松原:(コレト選手は)女性のツイズルの前のところが好きらしいです。

——そのポーズ、ちょっとやってみて!…あ、そこが好きなんだ。でもわかる。これ、タンゴロマンチカのかっこいいところだよね。ちょっと見どころというか。じゃあフリーダンスは?

小松原:『ある愛の詩』の主題歌なんですけど、フランスの歌手の方が歌ったやつを踊ります。

——その選曲の理由は?

小松原:私たちの関係を上手く見せられるプログラムっていうので、物語性の強い、ドラマティックなものにしたいねって言って決めました。

——見どころは?

小松原:ガブリエラ・パパダキス/ギヨーム・シゼロン組の演技だったりとか、テッサ・バーチュー/スコット・モイヤー組のオリンピックシーズンの演技が大好きで、同じ振り付けの先生なんですけど、自分がアプローチしたことのない動きとかニーアクション(膝の動き)とかを最大に使える曲だなと思います。見て欲しいです。

——じゃ、決めのポーズとかある?

コレト:最初のポーズとかどう?

——いいですか?じゃあ、ちょっとやっていただいて。いや、かっこいい!最初のポーズからかっこいい!また繰り返すようやけど、(コレト選手が小松原選手を)抱きしめる形に行くまでの動作がきれい

小松原・コレト:ありがとうございます。

ルール改正

——今シーズン、ルールが大きく変わったんだけど、どうですか?

小松原:今年はステップシークェンスが1つ無い代わりに、3個コレオムーブメントを入れなきゃいけなくって。で、去年までだと例えば両膝つけちゃうとコケたってみなされてたんですけど、それがムーブメントになって点になって…ってことなので、もっと幅が広がって「フリーダンス」だなって思います。

——そうだよね。結局フリーダンスって、フリーって言ってる割に規定とかが多かったから。それが結構自由になった感じで、やりやすいといえばやりやすいの?

小松原:自分たちは曲に合った個性的な動きができるので、私は好きですね。

コレト:変更の大部分はよかったと思っています。特に挙げるならGOEの段階が−5から+5になりました。選手の演技にふさわしい評価が与えられる余地が増えました。よりバランスの取れた採点になると思います。

お知らせ

12月に町田樹のエピソードを放送!オンデマンド配信も!

【町田樹 前編】12月11日(火)午後10:00 -
【町田樹 後編】12月18日(火)午後10:00 -

フィギュアスケーターのオアシス♪ KENJIの部屋
フィギュアスケートを”文化”にまで昇華したいと真摯に語る町田さんは、宮本さんからの「フィギュアスケーターにとって最も必要な素質は?」という質問に対して、「技術を磨き続けることのできる職人気質、あくなき探求心とともに、表現力を磨くための知的感性、そして一発勝負に臨む勝負師としての心構え」と答え、宮本さんと熱いフィギュアスケート論を交わします。

詳しくはこちら
スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ