日本代表の秋シーズンが終わった。世界選抜(10月26日)、ニュージーランド(11月3日)、イングランド(11月17日)、ロシア(11月24日)と戦って、1勝3敗。世界ランキングから見ると順当な結果だが、この4試合で日本代表は何を学んだのか。振り返っておこう。

リーチ マイケル

リーチ マイケル

世界選抜戦は来年のラグビーワールドカップ(RWC)に向けて改修を終えた花園ラグビー場で行われた。2015年、2017年に続いての対戦だったが、今後オールブラックスを狙うような若い選手もおり、過去最強の世界選抜に見えた。特に前半のディフェンスのプレッシャーはすさまじく、日本代表が誇るFLリーチ マイケルやWTBレメキ ロマノ ラヴァですら跳ね返された。体格、スキルで上回る世界選抜に対し、日本代表はラインアウトで苦戦し、反則を繰り返しては苦境に陥った。後半は運動量の落ちた世界選抜から3トライを奪い、逆転勝利は間近だったが、ゴールラインを目前にボールを前に落とすミスでノーサイド。28−31という3点差で敗れた。

残念な結果だったが最後まであきらめない姿勢は見せた。今春、来日したイタリア代表とは1勝1敗。初戦はジェイミー・ジョセフヘッドコーチ体制になって以降ベストの内容で勝ったが、2戦目は別人のように敗れる。ジョセフHCはこれをメンタリティーの弱さと見て、この秋は強豪国対するメンタル面を修正した。それが世界選抜戦の後半に現れたということだろう。この試合でジョセフHCが「最重要課題」としてあげたのは次の2つだ。「規律を守る」、「セットプレーの修正」。個々の能力で強豪国に劣る日本代表は、反則、ミスが命取りになる。そして、少なくとも自分たちのボールをスクラム、ラインアウトで確保しなくては有効な攻めはできない。

田村 優

田村 優

このあたりを急ピッチで修正して臨んだのがニュージーランド代表オールブラックス戦だった。この試合では、5トライを奪って攻撃面の成長を見せた半面、タックルされた後にボールにしつこく絡まれてスピーディーな攻撃ができず、切り返されて10トライを失った。スクラムは修正できていたが、この試合でもオールブラックスのプレッシャーの前にミス、反則が多く、ボール争奪戦で素早くボールを出すためのプレーの精度も課題となった。

中村亮土

中村 亮土

2試合の課題が修正され、好勝負になったのがイングランド代表戦の前半だ。先制トライこそ許したが、60%以上ボールを保持して攻め続け、田中史朗曰く「イングランドにラグビーをさせなかった」。長身揃いのイングランド相手にラインアウトも安定し、リーチのトライなどで15−10とリードしたが、後半は主力を出してきたイングランドの圧力に力負けした。

続くロシア代表戦は相手のキック主体の攻めに苦戦。キックを多用する相手に対し、自陣から簡単にワイドに展開してはプレッシャーを受けた。ディフェンスの出足を止めるような力強い縦のプレーも少なかった。後半、ようやく逆転したが、悪い流れに陥った前半のうちに流れを引き戻せなかったのは大きな課題だ。RWCに出てくる国の中では体格も小さく、爆発的な突破力もない日本代表は、どんな相手にも丁寧にプレーしなくては勝つことはできない。「格下」は存在しないということだ。来年のRWC開幕戦で戦う相手に苦戦したことは、良い薬になったと思いたい。

お知らせ

\全試合!/
ジャパンラグビー トップリーグ
J SPORTSオンデマンドでは全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★トップリーグ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ