トッテナムは着実に成長している。

マウリシオ・ポッチェッティーノ体制で迎えた2014−15シーズンは、トップ6との直接対決で2勝2分6敗と叩きのめされた。リヴァプールとマンチェスター・シティにはダブルを食らっている。しかし、翌シーズンから3勝5分2敗、4勝3分3敗、4勝1分5敗と対等の勝負を演じ、今シーズンもリヴァプールとシティには敗れたものの、マンチェスター・ユナイテッドには3−0の快勝。その実力を証明した、といって差し支えない。

さて、週末はチェルシーとのロンドンダービー(アウェー)である。ポチェッティーノ監督就任後は3勝1分4敗。15−16シーズンこそ1分1敗とひとつも勝てなかったが、残る3シーズンは1勝1敗と一歩も譲っていない。苦手意識はなく、ビッグマッチならではの高揚感が選手を刺激するだろう。チェルシーの要注意人物ジョルジーニョをどのようにして無効化するか、ポチェッティーノ監督の人選は興味深い。

ただ、トッテナムは負傷者が気がかりだ。ムサ・デンベレはリハビリ中で、ダビンソン・サンチェス、ダニー・ローズ、キーラン・トリッピアーの出場も疑わしい。ヤン・ヴェルトンゲンはトップチームのフルトレーニングに復帰したが、90分闘えるコンディションを取り戻しているのだろうか。

お知らせ

世界最高峰リーグ イングランド プレミアリーグ!

J SPORTSでは18/19シーズンも注目試合を毎節5試合お届けします。
試合中継から関連番組までJ SPORTSでお楽しみください。


»特集ページはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ