2018年秋の日本代表戦を締めくくるロシア代表との一戦が、11月24日、イングランドのグロスターで行われる。ロシアは、来年のラグビーワールドカップ(RWC)2019の開幕戦で日本代表と戦うことが決まっている。最新の世界ランキングは19位で、日本の11位よりも下に位置する。必勝態勢で臨まなくてはいけない相手ではあるが、秋の代表戦の中では、テストマッチ(国代表同士の試合)の出場数が少ない選手に経験を積ませる唯一のチャンスでもあり、世界選抜(10月26日)、ニュージーランド(11月3日)、イングランド(11月17日)と対したのとは違う編成で戦うことになる。

ジェイミー・ジョセフヘッドコーチは「このレベルで戦う力量があるのか見たい」と話し、SH茂野海人(9番)、SO松田力也(10番)をハーフバックスで先発起用してきた。現在の日本代表は、各ポジションの役割を明確にしてフィールドを幅広く使い、ボールを大きく動かすスタイルだ。9番、10番はグラウンドの横幅いっぱいに配置された選手たちに的確な判断でパスを出し、ときには防御背後へのキックも使いながらディフェンスを崩していく役目だ。体格の大きなロシア相手には、日本代表のスピーディーな連続攻撃が効果的だが、ディフェンスのいないスペースに判断よくボールを運ぶことができなければ、パワフルな選手たちのハードタックルを食らい、リズムを崩すことになりかねない。茂野、松田にはこのチャンスをものにして、ロシアを翻弄する攻撃を展開してもらいたい。

茂野は、2017年5月13日の香港戦以来の日本代表戦だ。WTBで先発するロトアヘア アマナキ大洋も同じく、香港戦以来の出場。2016年秋のヨーロッパ遠征ではウェールズとの3点差の好勝負で活躍しており、今回も実力を示せば日本代表WTBのレギュラー争いはさらに熾烈なものになる。LOヘル ウヴェは17日のイングランド戦で負傷し戦線離脱。イングランド戦はNO8だった姫野和樹がLOに移動し、ツイ ヘンドリックがNO8に入る。つまり、イングランド戦から先発で4名の変更となる。若い力を試すという意味では、リザーブ(控え)8人の中に、サントリーサンゴリアスでルーキーイヤーから活躍するHO堀越康介、CTB梶村祐介が入っている。梶村は出場すれば日本代表初キャップだ。

対するロシアは、2018年のヨーロピアンカップで4位も、上位のルーマニア、スペインが出場資格のない選手がプレーしたことで失格となり、2011年以来2度目のRWC出場を決めた。ヘッドコーチは元ウェールズ代表FLリン・ジョーンズ。おもにウェールズ、イングランドのクラブレベルで指導経験を積んだ人で、今年の8月に就任した。世界的に有名な選手がいないが、イングランドのセール・シャークスに所属するLOアンドレイ・オストリコフ、7人制ロシア代表のCTBウラジーミル・オストロウシコといった実力者がいる。侮ってはいけない相手だ。

お知らせ

\全試合!/
ジャパンラグビー トップリーグ
J SPORTSオンデマンドでは全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★トップリーグ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ