渡部暁斗と善斗兄弟

日本のエース渡部暁斗の表彰台中央がまたたくさん見られそうだ

飛距離を伸ばしていく渡部暁斗(北野建設)

飛距離を伸ばしていく渡部暁斗(北野建設)

五輪ではチーム力のあるドイツ選手たちに囲まれて、彼らのスパートについていけずに終わり悔しさにまみれたが、W杯個人総合優勝に輝いた渡部暁斗(北野建設)。
「今シーズンは世界選手権でのメダルをめざします。W杯個人総合の連覇は順調にいけばという感じで、まずは2月のゼーフェルドで全力を出すことができればと思います」
今季の目標をノルディック世界選手権のメダル獲得へと定めた。
W杯複合トリプルで優勝したことがあるゼーフェルドで、開催地の地元オーストリアや好調ドイツ勢に打ち勝ちたいと切に願っていた。そこで日頃からクロスカントリースキーの走りに工夫を施し、そのなめらかなまでにスキーを滑らせるテクニックは世界でもトップクラス。加えて前半の安定するジャンプがあるだけに、複合W杯表彰台の常連として終始ゲームをリードしていく力強さに満ちあふれる。

独走の優勝シーンを観たい

独走の優勝シーンを観たい

その渡部兄を主軸とする日本チームでは、ジャンプが得意な山元豪(ダイチ)、清水亜久里(ユーグレナ)やベテラン永井秀昭(岐阜日野自動車)、曽根原郷(東京美装)そして地道なトレーニングによって着実に走力が伸びてきた渡部善斗(北野建設)らに期待がかかる。できるならば、それぞれ団体戦で上位に食い込む実力アップを望みたい。

海外チームは現在ドイツが最強のチームだ。選手強化でバランスよく育成がなされライト・イン・ビンクルやルポルディングなどの南部ドイツを拠点に好選手を幾人も輩出している。
とくに人気あふれるエリック・フレンツェル(ドイツ)はW杯では43勝をあげ、さらに世界選手権や五輪金メダルなど様々なタイトルを得ているエース。そこにファビアン・リースルとジャンプが得意なヨハネス・リジェックが続き、団体戦で圧倒的なパワーを有する。

お知らせ

FIS ワールドカップスキー 勝負の18/19シーズン開幕!

J SPORTSオンデマンド ウインタースポーツパックでアルペンスキー・モーグル・ジャンプ・ノルディック複合を配信!

●ウインターパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
»詳しくはこちら


★スキー特集ページはこちら
スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ