関東大学対抗戦もいよいよ終盤を迎えた。現在4勝1敗で3位につけている早稲田大学。次戦の相手は同じく4勝1敗の慶應義塾大学だ。

この勝敗が最終的な順位を左右するだけに、両校にとって負けられない戦いとなる。勝利への使命と伝統を胸に、11月23日、早慶戦へと挑む。

対抗戦初黒星を喫した帝京大学戦、特に目立ったのはペナルティの多さだ。試合全体を通し、帝京大がわずか2つであるのに対し、早大は10。その差は歴然としている。

実際、前半は自らのペナルティにより、なかなか自陣から脱出できず、0-28と力の差を見せつけられた。しかし、一方で後半は持ち前のテンポの良いアタックが見られるなど手応えをつかみ、早慶戦勝利への兆しは見せているのも事実。

岸岡のゲームメイクがカギを握る

SH(スクラムハーフ)齋藤直人(スポ3=神奈川・桐蔭学園)の素早い球出し、SO(スタンドオフ)岸岡智樹(教3=大阪・東海大仰星)の的確なゲームメイク。

そして、WTB(ウィング)古賀由教(スポ2=東福岡)や、FB(フルバック)河瀬諒介(スポ1=大阪・東海大仰星)などのフィニッシャーの実力も折り紙付きだ。

ただ、タレントが揃うのは早大だけではない。伝統の『魂のタックル』によるディフェンスに自信のある慶大だが、今季はアタック面でも戦力は確かだ。

お知らせ

【大学ラグビー】
\全試合!/
J SPORTSオンデマンドでは、大学ラグビー
関東大学対抗戦、関東大学リーグ戦、関西大学リーグを全試合配信!
●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら
★大学ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ