フィギュアスケートファンの“もっと選手の素顔を知りたい!”という熱い想いに応えるべくスタートした、「フィギュアスケーターのオアシス♪ KENJIの部屋」2018/2019シーズン!日本選手はもちろん、海外選手のプログラムも多数手掛ける振付師・宮本賢二さん(KENJI)が、ゲストを迎えて、楽しく、真剣にトークを繰り広げます!

今回のゲストは、2016年全日本ジュニア選手権6位、全日本選手権9位、2017年全日本ジュニア選手権2位、全日本選手権11位、2018年高校総体(インターハイ)優勝、世界ジュニア18位の三宅星南選手が登場!

17/18シーズン直前に怪我

——昨シーズンは、星南くん、いろいろあったの?

三宅:まあそうですね。いろいろ、経験したことがないようなことが、いっぱいありました。

——なんか、怪我したんでしょ?

三宅:ああ、そうですね、シーズンの直前に。

——どうしたの?

三宅:あの、ちょっと捻挫しちゃって。で、骨折しちゃって。まあそのときは、その後にオーストリアでジュニアグランプリシリーズがあったので、行ったんですけど。

——そのまま出たの?

三宅:そのままもう、捻挫だけだと思って、出て。痛くて全然結果はダメだったんですけど。帰ってきて長光先生が病院に連れて行ってくださって、病院の先生に診てもらったら「骨折してる」って言われて。

——捻挫やと思ってたら、骨折してたんや

三宅:はい。そんなにひどいと思わなくて。初めて骨折して。

——歩くには歩けたの?

三宅:歩くのは、もう…。けど、そんなに自分では痛くなかったですけど。

——どこ?足首?

三宅:足首の、くるぶしの下。

——あ〜あ〜、スケーターはよくそこを痛めるもんね

三宅:はい。後、骨軟骨性…みたいな感じのもあって、そっちのほうがひどかったらしくて、1か月休まないといけなくて。

——もう「安静が一番」って言われたの?

三宅:そうですね。

——で、1か月練習を休んで、その期間はどうしてたん?

三宅:できるトレーニング、体幹トレーニングとか、後はまあ映像を見まくったりとかしていました。

——自分の映像を?

三宅:いや、他の選手の映像や、ダンスの映像とかをすごく見ていました。

——特に誰のを見てたの?

三宅:ダンスだったら社交ダンスを。

——ああ、よく肩を注意されてたもんね(笑)。それをピッとするように、見直したんだ

三宅:はい。

お知らせ

フィギュアスケートファンの“もっと選手の素顔を知りたい!”という熱い想いに応えるべくスタートした、 J SPORTSの名物番組「フィギュアスケーターのオアシス♪ KENJIの部屋」。 11月は須本光希選手、三宅星南選手、小松原美里選手&ティモシー・コレト選手が登場予定です。

詳しくはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ