日本代表の拠点「レンズベリー」

ラグビー日本代表(世界ランキング11位)は11月17日(土)に「聖地」トゥイッケナムスタジアムで行われるイングランド代表(同4位)戦に向けて、先週からイギリスで練習を重ねている。

今週はスタジアムに比較的近い練習場に場所を移し、対イングランドということでセットプレーやオールブラックス戦の課題として出たブレイクダウンなどに重点を置き、トレーニングに汗を流してきた。

11月14日(水)の練習はメディア非公開、15日(木)も午前中の練習は戦術確認の練習が多かったため、急遽、非公開で行われた。イギリスメディアに対して警戒しての措置だったという。

グランドは黒い壁の中

現にグランドの回りは2mの壁で囲まれていた。これは日本代表同様、11月のテストマッチシリーズにおいてアウェイで、イングランド代表と戦うオールブラックスやオーストラリア代表と協力して建てたものだという。

15日(木)の午前中の練習後、日本代表を率いるジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)からイングランド代表戦の登録メンバー23人が発表された。2週間前のオールブラックス戦から6人の先発が入れ替わった。

FW(フォワード)は具、西川らが、BK(バックス)はSH(スクラムハーフ)田中、WTB(ウィング)山田、CTB(センター)トゥポウらが先発。キャプテンはFL(フランカー)リーチが務める。

「日本代表の7番は全員小さいが、タフに戦ってもらう。ベンチにFWが6人いる。イングランド代表は思いきり当たってくるから、エナジーが必要だ」(ジョセフHC)。

◆先発登録メンバー23名
※( )は所属とキャップ数

【FW】
稲垣啓太(パナソニック、23)、坂手淳史(パナソニック、11)、具智元(ホンダ、5)、ヴィンピー・ファンデルバルト(NTTドコモ、7)、ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機、10)、リーチ マイケル(東芝、57)、姫野和樹(トヨタ自動車、10)、西川征克(サントリー、1)

【BK】
田中史朗(パナソニック、68)、田村優(キヤノン、52)、中村亮土(サントリー、14)、ラファエレ ティモシー(コカ・コーラ、12)、福岡堅樹(パナソニック、28)、ウィリアム・トゥポウ(コカ・コーラ、4)山田章仁(パナソニック、24)

【控え】
庭井祐輔(キヤノン、7)、山本幸輝(ヤマハ発動機、5)、ヴァル アサエリ愛(パナソニック、4)、アニセ サムエラ(キヤノン、11)、ツイ ヘンドリック(サントリー、41)、布巻峻介(パナソニック、6)、流大(サントリー、13)、松田力也(パナソニック、14)

★日本代表選手名鑑はこちら

ジョセフHCに、勝利するためのポイントを聞くと「どこのエリアでということではないが、プレッシャーを作る(ことが大事)」。

「ラグビーは複雑ではない。スクラム、ラインアウトで自分たちのボールを取る。ほとんどのチームがイングランドにそこで苦戦するので、そこがチャレンジだ」。

「セットプレーでボールが取れればモメンタムを(勢いを)作れる。そこを目標に1週間やってきました」と、対イングランド代表ということで、やはりセットプレーを勝利の鍵に挙げた。

お知らせ

\全試合!/
J SPORTSオンデマンドでは
ジャパンラグビー トップリーグ
J SPORTSオンデマンドでは全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★トップリーグ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ