ヨーロッパ遠征中の日本代表は、11月17日、ラグビー発祥の母国イングランドのメインラグビー場であるトゥイッケナム競技場でイングランド代表と戦う。日本代表がトゥイッケナムで戦うのは1986年以来のこと。この時はイングランド側がキャップ(国代表同士の試合の出場者に与えられる称号)を与えておらず、両国が正式に認めるテストマッチとしてはトゥイッケナムで初対決だ。8万2000人収容の巨大スタジアムながら、どの席からでも見やすいスタジアムはラグビー場作りの手本となるもの。大観衆の前で日本代表の奮闘に期待感が高まる。

ウィリアム・トゥポウ・

ロングキッカーでもあるトゥポウをFBに起用することでどんな効果が生まれるのか注目

15日、両チームのメンバーが発表された。日本代表は11月3日のニュージーランド戦からメンバーを変えてきた。怪我からの復帰は3番の具智元(グ・ジウォン)、スクラムとボールを持っての力強い突進に期待がかかる。FL西川征克はテストマッチで初のスタメン起用だ。低いタックルと倒した相手から素早くボールを奪うプレーで存在感をアピールしたい。LOにはパワフルな突進が魅力のヘル ウヴェが入り、198cmのアニセ サムエラは控え(リザーブ)に回る。ニュージーランド戦で7番だった姫野和樹がNO8へ。SHは流に代わって田中史朗が出場し、大舞台に強いWTB山田章仁もこの秋初登場。中村亮土がCTBに入り、13番に入ることが多いウィリアム・トゥポウが最後尾のFBに下がる。松島幸太朗、野口竜司、レメキ ロマノ ラヴァらWTB、FBに負傷者が続出しての措置だが、ハードタックラーであり、ロングキッカーでもあるトゥポウをFBに起用することでどんな効果が生まれるのか注目だ。

お知らせ

\全試合!/
J SPORTSオンデマンドでは
ジャパンラグビー トップリーグ
J SPORTSオンデマンドでは全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★トップリーグ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ