2019年ラグビーワールドカップ日本大会まであと1年を切り、11月はヨーロッパ各地で、南半球vs.北半球の強豪同士のテストマッチが行われている。

11日(土)は世界ランキング8位のフランス代表と同5位の南アフリカ代表が、フランスのサン・ドゥニのスタッド・ドゥ・フランスで激突した。

パリに乗り込んだ南アフリカは先週、イングランド代表と対戦し、SH(スクラムハーフ)フェフ・デクラーク、FB(フルバック)ウィリー・ルルーなど、何人か中軸選手を起用することができず、惜しくも11-12で敗れたが、手応えを得た試合となった。

一方のフランスは、この試合が、今秋のテストマッチシリーズの初戦。ここ数年の低迷で観客数も減少傾向にあるが、それでもフランスを応援しようとスタッド・ドゥ・フランスには、5万人ものファンが駆けつけた。

昨年の両者の対戦成績は南アフリカの4勝0敗だが、どの試合も競いあっており、南アフリカはラッシー・エラスムス、フランスはジャック・ブリュネルと両チームともHC(ヘッドコーチ)が新しく就任したことで調子は上向きである。

フィジカルが強く、バックスリーも決定力があるという両チームの対戦は、この試合もクロスゲームになると予想されていた。

序盤、南アフリカがフィジカルで上回ってペースをやや掴んだかに見えたが、すぐにフランスもFBマクシム・メダール、WTB(ウィング)テディー・トマら、バックスリーが自陣から切れのあるランを見せてリズムをつかんだ。

すると7分、11分、フランスは相手のペナルティからSH(スクラムハーフ)バプティスト・スランがPG(ペナルティゴール)を決めて、6-0とリードする。

一方、南アフリカも13分、PGを得てSO(スタンドオフ)ハンドレ・ポラードが決めて、3-6と追い上げる。

中盤になるとフランスは、フィジカルに長けた南アフリカに対して、敵陣に攻め込むとグラバーキックや、キックパスとコンテストキックを軸にトライを狙う戦略に出るが、なかなか得点に結びつけることができない。

22分には南アフリカが再びPGを決めて6-6の同点に、さらに28分に今年のワールドラグビーの最優秀選手賞にノミネートされている、HO(フッカー)マルコム・マークスのジャッカルから、SOポラードがPGを決めて、ついに南アフリカが9-6と逆転に成功する。

前半残り10分、ホームのフランスはファンの声援を背に、素晴らしいパフォーマンスを披露する。33分、SOカミーユ・ロペスがDG(ドロップゴール)を決めて9-9の同点に追いつく。

さらに36分、キャプテンのHO(フッカー)ギレム・ギラドが、モールを起点に力強い突破からトライ。ゴールも決まって、16-9とフランスが7点リードして前半を折り返した。

お知らせ

\全試合!/
J SPORTSオンデマンドでは
ジャパンラグビー トップリーグ
J SPORTSオンデマンドでは全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★トップリーグ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ