8年ぶり10大会目の出場となった本郷

11月11日(日)、秩父宮ラグビー場で、98回目を迎える「花園」こと全国高校ラグビー大会(12月27〜1月7日、東大阪市花園ラグビー場など)の東京都予選決勝2試合が行われ、第2地区は本郷が目黒学院を28-19で退け、8年ぶり10度目の出場を決めた。

8年ぶりの出場を狙う本郷と連続出場を目論む目黒学院が対戦した決勝。両者は春季大会の準決勝で対戦し、本郷が26-28で敗れていたが、接戦になると予想されていた。

2トライを挙げたWTB長峰

渡邉宣武監督が標榜する「FW(フォワード)とBK(バックス)でボールを活かす」ラグビーが信条の本郷が、序盤からボールを展開し、7分にFW、BKが上手くリンクしてSO(スタンドオフ)吉岡麟太朗(2年)から左サイドのWTB(ウィング)清水鳴哲(2年)に渡りトライ。

14分にはラインアウトからのサインプレーで、HO(フッカー)福澤慎太郎(2年)から、WTB長峰奨真(2年)がトライを挙げて14-0とリードを広げる。

トンガからの留学生もおり、FWの平均体重で5kgほど思い目黒学院も近場を攻めて徐々にペースを掴み、前半終了間際にNO8(ナンバーエイト)タニエラ・ヴァア(2年)がトライを挙げて、14-5で前半を折り返す。

豪快なトライを挙げる本郷HO福澤

後半も序盤は目黒学院ペースで、12分にFL(フランカー)岩崎燎汰(3年)がFWの密集戦からインゴールでボールを押さえて、14-12と2点差に迫る。

その後はお互いにトライを取り合って21-19で迎えた25分、本郷はスクラムから右に展開して、WTB長峰がトライ。SO吉岡がゴールを決めて28-19とし、そのままノーサイド。本郷が8年ぶりに花園出場を決めた。

お知らせ

\全試合!/
J SPORTSオンデマンドでは
ジャパンラグビー トップリーグ
J SPORTSオンデマンドでは全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★トップリーグ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ