社会人野球の“実力日本一決定戦”として知られる「第44回 社会人野球日本選手権」が、11月1日から京セラドーム大阪で開催されている。9日(金)と10日(土)は準々決勝、11日(日)に準決勝、12日(月)に決勝戦が行われる。

日本選手権は春から各地で開催されるJABA大会、都市対抗、全日本野球クラブ選手権の各優勝チームと、各地域の最終予選を勝ち上がった計32チームが参加する。都市対抗とは違い、予選で敗れたチームからの「補強」がない単独チームの大会だ。

◆東海対決:ドラフト右腕を擁する三菱重工名古屋、来季ドラフト候補多数のHonda鈴鹿

10日(土)の第2試合に組まれる注目カードが、三菱重工名古屋とHonda鈴鹿の東海対決だ。

三菱重工名古屋は1回戦でカナフレックス、2回戦でJR東日本東北を下してベスト8入りを果たしている。

1回戦は右腕・服部拳児と右サイドの技巧派・西納敦史の継投で乗り切り、2回戦は満を持して勝野昌慶が登板。

勝野は中日の3位指名を受けている高卒3年目の右腕で、150キロ超の速球を持つ本格派だ。勝野は2回戦で7回3分の2を自責点1、9奪三振と好投し、2回戦の勝ち投手になった。

2番・ショートで起用されている大卒2年目の秋利雄佑は常葉学園菊川高を卒業後にアメリカへ留学し、カリフォルニア州立大ノースリッジ校を経て入社した変わり種。

182センチ・85キロと大型だが堅守と小技も兼ね備えており、MLBのドラフトでも指名候補として名前が挙がっていた。

Honda鈴鹿は1回戦で沖縄電力に10-1と快勝すると、2回戦は都市対抗王者・大阪ガスを3-1で下した。延長12回のタイブレークに代打・西川元気の放ったタイムリー安打が決勝点となった。

1回戦、2回戦ともに先発を任されたのは大型左腕・平尾奎太だが、長いイニングは投げていない。左腕・竹内諒、右腕・柳澤一輝の「早大コンビ」が2番手、3番手で起用されて好投するなど、好投手が目白押しだ。

また、右腕・瀧中瞭太が2試合とも「クローザー」として継投の締めに登板している。瀧中は150キロ台を記録したこともある本格派で、2回戦は5イニングを被安打2、四死球1の無失点で封じている。

平尾、竹内、瀧中は大卒2年目、柳澤は1年目と、野手も含めて若手の有望株が多いのも特徴。

3番・指名打者の松本桃太郎、5番・捕手の柘植世那も今ドラフトは指名漏れとなったが、2019年のドラフトで声がかかっても不思議のない存在だ。

お知らせ

\J SPORTSオンデマンドで!/
社会人野球日本選手権大会 準々決勝から決勝までLIVE配信!
ガンバレ日本プロ野球!? リターンズ 18/19を先行配信!

●野球パック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ