ダン・カーター

神戸製鋼 ダン・カーター

日本代表の活動期間となる11月は、トップリーグは行わないのが慣例だったが、今年はレギュラーシーズンが短いこともあり、日本代表以外の選手、若手選手のプレーする機会を確保するために「トップリーグカップ」が実施される。16チームを4組に分けてそれぞれ総当たり戦を行ない、来年1月の順位決定トーナメントを行うものだ。外国人枠、特別枠などの制限は無く、全体の底上げを図る。

実力はあるが不動のレギュラーがいてチャンスがつかめない選手、怪我などで今季出遅れている選手、外国人枠の関係で出場機会が少ない選手、そんな選手たちが先発メンバーに名を連ねる。ここでアピールしてレギュラー入りを狙い、その先の日本代表、サンウルブズをうかがう選手たちだ。

リーチ マイケルらFW陣を日本代表に送り出す東芝ブレイブルーパスは、今季初出場となる金寛泰が1番のPRに入り、リザーブでの出場が多い知念雄が3番PR、HOに入る橋本大吾がキャプテンを務める。元キャプテンの森田佳寿がSOで今季初登場だ。対する豊田自動織機も出場機会の少ない選手を並べ、今季初登場のCTB河合航がキャプテンとしてチームを率いる。

姫野和樹キャプテンが日本代表に参加するトヨタ自動車ヴェルブリッツは、大阪の万博記念競技場でコカ・コーラレッドスパークスとの対戦。37歳のベテランLO北川俊澄が今季初先発だ。キャプテンはSH岩村昂太。ラファエレ ティモシー、ウィリアム・トゥポウの看板CTBコンビが日本代表で活躍するコカ・コーラは先発15人全員が日本人選手となり、下良好純、山北純嗣がCTBコンビを組む。

サントリーサンゴリアスの沢木敬介監督は、「若手主体で戦います。出場する機会を得たメンバーが12月のトップリーグ出場に対して、どれだけエナジーを持って戦えるかに注目してもらえればと思います」とコメント。その言葉通り、ルーキーのFL加藤広人、FB尾崎晟也らを含む先発15人は全員が日本人選手。対するHondaHEATも日本人選手主体で戦う。秋田県のあきぎんスタジアムが舞台だ。

お知らせ

\全試合!/
J SPORTSオンデマンドでは
ジャパンラグビー トップリーグ
J SPORTSオンデマンドでは全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★トップリーグ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ