今季、悔しい最下位に終わった楽天イーグルス。誰もが必死にもがいたシーズンだけに、勝った時の喜びも格別だったように思う。

そんな忘れようもないシーズンで、最も印象に残った試合や場面とは? J SPORTSでは、「ファンが選ぶ! 2018 ベストゲーム」を再放送。ファン投票によって、選ばれたゲームをお届けする。

前回コラムでは、第2位についてお伝えした。今回は、同じく多くの選手、関係者が「印象に残った」とあげた第3位について。9月29日の日本ハム戦で、田中和基が延長10回にサヨナラヒットで試合を決めた一戦だ。

やはり、今季は田中を抜きにして語れない。楽天はホームで22勝50敗だったが、勝ち試合のうち実に3試合で田中がチームを勝利に導く”決定的な”活躍をみせたほか、新人王候補として名前があがるなど、存在感を放っている。

◆ブレイクの秘訣はノーステップ打法

昨季、田中は1軍で51試合に出場するも、主に代走か守備固めでしか出場機会が得られず、打数わずか54。6安打で打率.111だったが、今季はチーム事情からもチャンスを勝ち取って、1番レギュラーに定着。

105試合に出場し、423打数112安打の打率.265を記録したうえ、生え抜きでは球団史上最多となる18本塁打もマークするなど、打撃面で大ブレイクしている。

ただし、開幕から順風満帆だったわけではない。今季の田中は、開幕一軍の切符を手に入れるも、当初はまったく振るわず。わずか4試合で二軍落ちした。

それから再調整に励み、5月下旬に一軍に再昇格すると、大谷翔平を参考にしたというノーステップ打法で、打率をみるみるあげていったのだ。

6月には打率3割を超えたが、その時も本人に尋ねると、「まったく自信はありません」と苦笑いしていたのを思い出す。必死でアプローチを工夫しているだけなのだと。

田中は今季をこう振り返っている。「ノーステップにしても、逆に対応できないこともあった。それにどんなピッチャーでも、タイミングが合わないと打てない。タイミングを合わせるのはがんばりました」。

「去年は自分のスウィングにこだわったものの、それで打てなかった。今年は自分の形にこだわらなかったんです。キレイに振れることなんて少ないし、自分の思う形じゃなくてもヒットが出ることが多かった。それが結果になったのは良かったのかなと」。

たくさんの試合でイニング数ともに出られたことが一番の収穫と田中は言うが、同時にそのなかで結果を出し続ける難しさ、プレッシャーを経験して初めて痛感したという。

「一番、きつかったのはメンタルの維持でした。打順が1番ということは、チームで一番の攻撃なんです。そこで打てないと、『今日も打てないのかな』と弱気になることもあった。そこが一番、苦しかったです」。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ