松井秀喜と前田健太―。

間もなく始まる日米野球では、新旧2人の日本人(ベースコーチと選手)が目玉なんかな? 少なくとも、メジャーリーグ屈指のスラッガーであるバリー・ボンズやライアン・ハワード、剛腕ロジャー・クレメンスやランディー・ジョンソンといった「現役バリバリ」のスーパースターが来るような時代は終わった。

たとえばワールドシリーズ制覇を成し遂げたレッドソックスからはブライアン・ジョンソンとヘクター・べラスケスの2人が来日している。両投手とも実力はあるが、今年のプレーオフには出場していない。そういう選手たちがゴロゴロいるチームを「MLBオールスター」と呼ぶのって、どうよ?

日本人に関係なくメジャーリーグを愛している人々は、今年の新人王の有力候補の2人であるブレーブスのアクーニャ・Jr.(日本語表記はすべて日米野球公式サイトに準ずる)外野手とナショナルズのファン・ソトに注目するだろうし、2年連続ア・リーグ盗塁王のホイット・メリフィールド内野手の快速ぶりや、フィリーズのリース・ホプキンス外野手やエウヘニオ・スアレス内野手の長打力も見たいだろう。ファインプレーの常連ケビン・ピラー外野手や未来の殿堂入り選手ヤディエル・モリーナ捕手や、内、外野の複数ポジションを守れるドジャースの2人=クリス・テイラーとエンリケ・ヘルナンデスも高いチケット代を払ってみるに値する選手だと思う。

お知らせ

秋季高等学校野球大会2018
J SPORTSでは九州地区と東京都大会の準決勝・決勝、近畿地区大会の準々決勝〜決勝を放送& J SPORTSオンデマンド配信。

詳しくはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ