アイルランド vs. イタリア

後半ロスタイム、アイルランドの先発FBジョーダン・ラーマーが巧みなステップ、一瞬の加速で独走トライを決めた。

J SPORTSで解説を務めた男子セブンズ日本代表の岩渕健輔ヘッドコーチも、FBラーマーの独走を見て「疲労もあるなかで、この走りはすごいですね。レベルが高いです」とコメント。今年2月に代表デビューしたばかりの21歳に驚いていた。

日本が2019年ワールドカップ(W杯)グループステージ第2戦で激突するアイルランドが、現地時間11月3日(土)、アメリカ・シカゴで、秋シーズン初戦となるイタリア代表戦に54−7で快勝した。

若手主体のメンバーながら、21歳のFBラーマーがハットトリックを決めるなど計8トライを奪取。

守りも鉄壁。アイルランドの失点はインターセプトによる1トライ1ゴールのみ。相手のクリーンブレイク数は「5」(アイルランドは13)に抑え、あわやトライのゴール前の攻防にも競り勝ち、トライラインを死守した。

イタリアは2013年のアイルランド戦(○22−15)以来5年ぶりの白星を目指していた。

しかしアイルランドはスタート直後からハイテンポな連続攻撃。HOベスト主将もSOセクストンもいない若手編成ながら、さっそくチームとしての完成度を披露した。

するとアイルランドは前半4分、敵陣ゴール前ラインアウトのチャンスから、FWユニットの突進からLOタイグ・バーンが先制トライ。

前半32分には注目株のFBラーマーがパワフルな突破を見せ、フォローしていたSHルーク・マグラスが難なくチーム2トライ目。

イタリアも前半38分、この日攻守に獅子奮迅だったCTBミケーレ・カンパニャーロ主将がインターセプトトライ。アイルランドが14−7とリードして後半へ向かった。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ