対抗戦は佳境に差し掛かり、勝負の11月を迎える。開幕から現在4連勝中と波に乗る明治大学。

第5戦では、前節に王者・帝京大学を5点差まで追い詰めた慶應義塾大学と対戦する。伝統の明慶戦は11月4日(日)、秩父宮ラグビー場にて行われる。

明治の本拠地、八幡山グラウンドで行われた前節の成蹊大学戦。「明治のやろうとしているアタックが出せた」とFL(フランカー)井上遼(政経4=報徳学園)が振り返る猛攻で、今シーズン最多の110得点。さらに対抗戦2度目の完封勝利を成し遂げた。

試合開始早々、敵陣左奥のラックを起点に、後ろから走り込んできたLO(ロック)箸本龍雅(商2=東福岡)へとボールがつながり、ノーホイッスルトライ。このトライで流れを引き寄せた明治は、前半だけで9トライを挙げた。

タレントBKを引っ張る高橋汰

後半31分にはケガからの復帰戦となった高橋汰地(政経4=常翔学園)が持ち味の鋭いステップで敵をかわし、最後は笹川大五(政経3=明大中野)がゴール右側にトライを挙げるなど、試合終了まで流れを渡さず、3桁得点と相手を圧倒した。

リベンジを誓う。昨年度の慶応戦では、26-28で2点差の惜敗。前半、明治は先制トライを奪うも、慶応にペースをつかまれ、14点のビハインドで折り返す。後半に猛追を見せ、一時は同点に追いついたもののゴールキック1本差での敗北。慶応相手に4年ぶりの黒星を喫した。

また、9月に行われたBチームの公式戦であるジュニア選手権では、33-45で敗北。ディフェンスで苦戦を強いられた。「ファーストタックルで受けてしまった」(山本龍亮・情コミ2=桐蔭学園)。

顕著だったのは前半18分。センターライン付近での相手ボールスクラムから大外に展開され、ゲインを許す。振り戻しでFW(フォワード)とBK(バックス)の間をラインブレイクされ、最後はキックパスを受けた中山和正(慶応)がグラウンディング。

「アタックを止め切れなかった」(雲山弘貴・政経1=報徳学園)。試合を通してディフェンスのギャップを突かれるシーンが多く見られた。

「基本がしっかりしているのでA戦でも同じような戦いになる」と田中澄憲監督。ライバルとして侮れない相手であることは間違いない。

お知らせ

【大学ラグビー】
\全試合!/
J SPORTSオンデマンドでは、大学ラグビー
関東大学対抗戦、関東大学リーグ戦、関西大学リーグを全試合配信!
●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら
★大学ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ