トライするFL中尾泰星

11月4日(日)、午後2時よりヤンマーフィールド長居(大阪府)にて、関西大学ラグビーAリーグ第4節、同志社大学vs.立命館大学の試合が行われる。

先日、関西学院大学に敗れ、黒星を3つをつけた同志社はもう後がない。対して3連勝中の立命館は、この試合に勝てば大学選手権への道が大きく開かれる。対照的な2校の激しい戦いが予想される。

両校のAリーグの戦歴は過去9試合で同志社が6勝3敗、今年に入り公式戦と練習試合はともに同志社が負けなしだ。

春季リーグではお互い守備の固まらない状態で、後半途中まで混戦が続いていたが、アンストラクチャー状態からのトライや独走トライなど同志社が連続で得点し、最後に突き放した結果となった。今回も混戦となるのか、前半からどちらかが突き放すのか、最初の入りに注目だ。

立命館は昨年開幕3連敗から、その後4連勝して関西リーグ3位となり、大学選手権への切符を獲得している。

大学選手権では初戦で慶應義塾大学と対戦し、101点もの失点で敗れ悔しい結果に終わった。今年は主将FL(フランカー)古川聖人を中心に全国ベスト8を目指す。

開幕から関西大学、近畿大学に対し、2トライ以上の差をつけて勝利し、大阪体育大学に対しては、71-12としっかりと得点を重ね3連勝。ここでもう1つ星を取り勢いをつけたいところだろう。

FW(フォワード)を中心とした攻撃的なディフェンスでボールを奪い、BK(バックス)に繋げる展開でトライを狙う。

注目はやはり代表経験も多く持つ古川だ。高校時代、東福岡で主将を務め全国優勝へ導いた男が大学でも主将としてチームを先導する。

昨年は右膝の負傷で公式戦に出場することはなかったが、今年の夏合宿から復帰しチームに合流した。リハビリ中にフィジカル強化に努めた古川のディフェンスは固い。

BKでは同志社でも指導経験のある大西将太郎をBKコーチに迎え、アタックの強化を図った。1年生であるSH(スクラムハーフ)平尾剛士のテンポの良い球出しがチームの攻撃を加速させる。

お知らせ

【大学ラグビー】
\全試合!/
J SPORTSオンデマンドでは、大学ラグビー
関東大学対抗戦、関東大学リーグ戦、関西大学リーグを全試合配信!
●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら
★大学ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ