第2回 WBSC U-23ワールドカップに参加中の侍ジャパンU-23代表は、29日にメキシコとの決勝戦へ臨んだ。延長戦にもつれ込む展開の末、1-2と敗れて2連覇を逃している。

メキ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2|2
日本 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1|1

日本は近藤弘樹(東北楽天)が先発。2回表には二死から連打を浴びて二死1・2塁とされ、更に右前安打を浴びる。

しかし、周東佑京(福岡ソフトバンク)の好返球で二塁走者を本塁で刺してピンチ脱出。周東は韓国戦の3刺殺に続き、今日も守備で日本を助けた。

メキシコはオープニングラウンドで7-2と勝利している相手だ。しかし決勝戦の先発モラレスはツーシーム系の「動く速球」とチェンジアップを駆使して好投。

日本打線は次々に内野ゴロで凡退し、5回終了時点で無安打と苦しむ。6回二死から大河(横浜DeNA)が左前安打を放ったものの、9回を終えてわずか1安打と苦しんだ。

メキシコ打線は7回無死から5番・ウレーニャが中越えの二塁打を放ち勝ち越しのチャンス。8回にも無死からの出塁に成功したが、どちらも近藤が切り抜け、9回から左腕・成田翔(千葉ロッテ)にスイッチする。

メキシコも9回からオルダスが登板。両先発投手が揃って8イニングを零封したことで、試合は引き締まった展開となった。

9回を終えても0-0と決着がつかず、試合は10回からタイブレークに入る。攻撃は継続打順で、無死1・2塁の状態からスタートする。

先攻のメキシコはバントで送って一死2・3塁とし、9番・マシーアスの中前タイムリー安打で走者二人を迎え入れる。しかし、成田、水野匡貴(ヤマハ)が後続を封じ、日本は2失点にとどめた。

お知らせ

\J SPORTSオンデマンドで!/
WBSC U-23ベースボールワールドカップ 侍ジャパン戦を配信!
秋季九州地区高等学校野球大会、秋季近畿地区高等学校野球大会も配信!
●野球パック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
★詳しくはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ