レメキ ロマノ ラヴァ

レメキ ロマノ ラヴァ

「ポジティブな負けだと思っています」と、試合後の記者会見でリーチ マイケルキャプテンは話し始めた。「80分間の中で良いところはいっぱいありました。ディシプリン(規律)、セットプレーのところがもっと良くなれば、展開は変わっていたと思います」。キャプテンが端的に語った通りの試合だった。

10月26日、午後7時キックオフ。新装された東大阪市花園ラグビー場には、16,846人の観衆が集った。LEDライドによる照明設備は日本代表の登場直前に照明を落とし、ピッチに現れた瞬間に明るくなるという演出を可能にし、観客席を大いに沸かせた。

立ち上がりから素早く仕掛けてゴールに迫った日本代表だったが、世界選抜の激しいタックルの連発にトライまでは持って行けず、逆に前半10分、俊足WTBテヴィタ・リーにタッチライン際を抜け出され、SOライオネル・クロニエに先制トライを許した。15分、クロニエのアクロバティックなパスからWTBトニ・プルがトライ。日本の猛攻をはねのけた堅実なタックル、リーの爆発的なスピード、クロニエの難しい体勢からのパスなど、この2トライだけで、個人スキルの差は明らかだった。

福岡堅樹

前半21分、トライを返す福岡堅樹

2015、2017年に続いて3度目の世界選抜の対戦は、体格も大きく、個人技に優れた相手に、いかにチームとして立ち向かうかという、いつも通りの課題を感じる試合になった。21分、日本代表もWTB福岡堅樹がトライを返す。SO田村優のキックパスはやや後方にずれたが、それがかえって福岡のスピードを生かす結果になり、オールブラックスのFBネヘ・ミルナースカッダーをステップでかわすという、胸のすくトライにつながった。福岡はこのプレー以外でもボールを持てば必ずゲインして気を吐いた。しかし、日本国内であれば次々にタックルをかわして突進するレメキ ロマノ ラヴァ、リーチ マイケルらですら、なかなか前進できなかった。それが世界のトップレベルの選手のディフェンス能力の高さだし、それを実感できるからこそ、この試合をやる価値はあった。それは、ジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチが望んだことでもあった。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ