10月28日(日)、12時より宝ヶ池球技場にて、関西大学ラグビーAリーグ第3節、同志社大学vs.関西学院大学が行われる。

開幕2連敗とこれ以上負けるわけにはいかない同志社、開幕2連勝で波に乗っている関西学院の勢いを止めたいところだ。

昨年は、14-21と関西学院に軍配が上がった。前半は同志社がリードしたものの後半は関西学院の猛攻に対して同志社が防戦一方となり、逆転負けを喫した。

春のセブンズ大会、突破するSH原田健司

今年は春のセブンズ大会で対決し、7点差で同志社が勝利すると、Aチームの練習試合でも2点差で同志社が勝っている。しかし、点差はわずかだ。今回の試合も最後の最後まで目が離せない。

関西学院は2014年に関西Aリーグ優勝を果たしているが、次の年は最下位まで落ち、どん底を味わっている。そこから2016年は6位、昨年は4位と成長を続け徐々に順位を上げている。

今年は開幕から大阪体育大学、近畿大学に対してともに36点差と大差で勝利し、勢いに乗っているチームだ。主将であるFL(フランカー)勝川耀を筆頭に「Unity」(一体感)をチームスローガンとして大学選手権ベスト4を狙う。

関西学院の今年の特徴は早いテンポの攻撃だ。注目はともに東海大仰星高校出身のCTB(センター)香川凜人副将と、1年生からリーグ戦出場を果たしているWTB(ウイング)中孝祐だ。

さらに、中は昨年にU20代表、そして今年のニュージーランド学生代表戦で関西代表にも選ばれて、トライも決めている。177cm、87kgと特別大きな体格をしているわけではないが、フィジカルを強みとした突破力が魅力の選手だ。

同志社は関西学院のアタックに対して、よりプレッシャーをかけて得点の芽を摘みたい。

他にも近畿大学との試合では、ラインアウトからモールに持ち込んでのトライもあり、ゴールライン手前でのセットプレーには気をつけたい。2連勝の勢いもあるだけに、速い攻撃で波に乗せると怖いチームだ。

お知らせ

【大学ラグビー】
\全試合!/
J SPORTSオンデマンドでは、大学ラグビー
関東大学対抗戦、関東大学リーグ戦、関西大学リーグを全試合配信!
●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら
★大学ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ