甲子園で、1試合22奪三振という大記録を打ち立てたことを思い出した。松井裕樹がシーズン最後の日本ハム戦で、先発を担い、4回まですべてのアウトを三振で奪う“12奪三振”というパワフルな投げっぷりを見せた時のこと。

画面を通しても伝わる「絶対にアウトを取る」という迫力。SNSがにわかに、「松井の奪三振ショー」の話題でざわついた。

開幕からセーブ失敗が続き、二軍で再調整するなど不振にあえいだ。「新しい発見」を求めて、シーズン2度目の先発登板だったという。この時のこと、今季のことを、本人に振り返ってもらったところ、意外な思いを強い言葉で明かしてくれた。

◆悪循環に陥った松井裕樹が、最後の登板で掴んだもの

楽天ファンだけでなく、野球好きの多くのファンが「凄い!」と感嘆した12奪三振(トータルは6回14奪三振)。そう伝えるも、松井はあくまで冷静に振り返る。

「自分の中では、良くなかったんですよ。正直、バランスもフォームも全然、合わなかった。際どいところにも投げられない」。

「だから、思いっきり行った中で、ファールだったり、空振りを狙っていくという投球しかできなかったんです。際どいところにも投げられない。強引で、雑なピッチングでした」。

先発として「試合を作る」には、持たない。自分の思った理想とは全く違ったと続ける。

「あれじゃあ、抑えピッチャーがイニングをまたいだイメージ。ただ、5回の終わり方は悪くなかったので、自分のなかで何かが掴めそうと思って、6回も投げさせてもらいました」。

「結果、6回は一番納得する球が多かった。ああいう風に流しながら、思ったところに強い球をという投球を目指してたんです」。

事実、4回は3三振ながら、制球難でランナーを溜めてからの痛打で3失点。5回にも無死1、3塁のピンチを招くと、その後は犠牲フライとショートへのダブルプレーで3アウトに。これで勝ち越し点を奪われたが、志願した6回は三者凡退に仕留めている。

セーブ失敗にあえいだ今季序盤は、悪循環に陥っていたという。「結果が出ないから、バッターから早くストライクを取りたい、アウトを取りたい、早くベンチに戻りたいっていうのが、マウンドでも常に頭にあって、さらに焦っていきました」。

試合中のマウンドで、弱気に陥った時もあった。救ったのはベテラン選手だったという。

「今江さんだったり、嶋さんだったり、直人さんだったり。そういった先輩方が『お前、何やってんだ!』『お前がやらなくてどうすんだ!』って強い言葉で叱咤してもらえて、もう一度また引き締めることができました」。

優しく慰めるのではなく、文字通りの叱咤激励が良かったのだという。松井は、いわゆるエリート街道をひた走ってきたトップ選手。だが、「優しく育てられていないので」と笑う。穏やかな表情で「やわじゃない」横顔をのぞかせた

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ