ラグビー日本代表

ラグビーワールドカップ(RWC)2019の開幕まで1年を切り、日本代表の強化も最終段階を迎えつつある。この秋の日本代表は、世界王者のニュージーランド(オールブラックス)、世界ランキング4位のイングランドという格上の強豪国へ挑戦する。すべては来年の本番で、悲願の決勝トーナメント進出を果たすための強化の一環だ。

11月3日のオールブラックス戦を前に、10月26日(金)、東大阪市花園ラグビー場にて大切な試合がある。日本代表(JAPAN XV)として戦う、世界選抜(World XV)戦だ。オールブラックスと内容の濃い試合をするために、世界のトップレベルの選手が集結し、チャレンジマッチが行われるのだ。10月24日に発表されたメンバーは、両チームの合意を得て25名ずつ。通常より2名多い登録メンバーで行われる。

日本代表は、リーチ マイケルがキャプテンを務め、ゲームをリードするHB団は、SH流大、SO田村優のコンビ。RWC2015のメンバーで代表復帰を果たしたPR山下裕史、初めて15人制日本代表に選出されたヘンリー ジェイミーを含む。10月21日のトップリーグ最終節(神戸製鋼対NEC)で3トライをあげるなど大活躍だった神戸製鋼の山中亮平はリザーブ入りした。

アンドリュー・エリス

世界選抜キャプテンを務めるアンドリュー・エリス

世界選抜は、神戸製鋼のSHアンドリュー・エリスがキャプテンを務める。変幻自在のステップワークを誇るオールブラックスのFBネヘ・ミルナースカッダー、アルゼンチン代表50キャップのNO8レオナルド・セナトレら魅力的な先発メンバーだ。ミルナースカッダーと、FLジャクソン・ヘモポ、FLディロン・ハントは、11月3日の日本代表戦にオールブラックスとして出場の可能性がある。今が旬のオールブラックスなのだ。

お知らせ

\全試合!/
J SPORTSオンデマンドでは
ジャパンラグビー トップリーグ
J SPORTSオンデマンドではリーグ戦を全試合配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら

★トップリーグ特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ