本年で54回目の開催となるこのイベントは、歴史の上ではカタルーニャラリーとコスタブラバという2つのラリーが1991年に結合してWRC入りしました。二つのラリーはそれぞれグラベルとターマックでしたからひとつになる際、ミックスになったものです。当時WRCイタリア・サンレモ・ラリーも同様ミックスでした。この時代は競技日数4日間でデイ1と4がターマック、2と3がグラベルでしたから期間中に2回、仕様の大変更を行うためコストや手間が大変で、その後FIAは単一路面に変更の決定をしました。その後一連のラリー経費合理化政策も加わってWRCが画一化して面白みに欠けるとのことで2010年より再びスペインはミックス路面を復活させました。チームにとってグラベル、ターマック2種類の部品を持つのは大変な労力と経費がかかります。サスペンション、サイズの異なるブレーキ、それに多数のホイール、サイズの異なるタイヤなどです。

ラリー・オブ・スペイン(正式にはRally RACC Cataluyna-Costa Duarada/Rally de Espana)は初日グラベル、残りの2日間はターマックです。グラベル116キロ、ターマック 196キロの構成です。グラベルデーのうちSS4/7(38.85キロ)はグラベル83.26%、ターマック16.74%の変則ミックスがありこの辺が注目点かと思います。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ