★★★:マイケル・パーカー(千葉ジェッツ #3)

先週の3試合においては、パーカーと同じレベルで高いパフォーマンスを継続した選手がいない。レバンガ北海道との一戦は1Qで8本中7本のFG成功を含む17点を稼いだのをきっかけに、オールラウンドなプレーでチームを牽引。30点、16リバウンド、3アシスト、4スティール、3ブロックショットのスタッツを残し、EFFはなんと50。週末の新潟アルビレックスBB戦もゲーム1で26点、9リバウンド、ゲーム2も18点、13リバウンドのダブルダブルを記録し、EFFが2試合とも30超えで勝利に大きく貢献した。先週の3試合で43本中33本成功、76.7%の高確率でシュートを決めたのは驚異的と表現するしかない。

お知らせ

バスケ見るならJ SPORTS
J SPORTSでは学生からプロまで国内外の大会を充実のラインアップでお届けします!

J SPORTSバスケットボールパック発売中!
詳しくはこちら>>

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ